« ブラッティ・マンデイ #1 | トップページ | 篤姫 第40回 「息子の出陣」 »

ガンダム00 2nd season 第2話 「ツインドライヴ」

PM5:00を回った・・・!

管理人「今日の(バイト中の)私は阿修羅すら凌駕する(ような疲れた&帰りたい&ガンダム見てぇよ!こんちくしょーっ(泣)という感情に駆られている)存在だっ!!」

そんなわけで、また帰宅が8時過ぎ・・・録画しといたダブルオーをSET!ああっ・・・!リアルタイムで見たかった・・・!地デジで見たかったっsweat01

さぁ!一週間のお楽しみの時間だ!

冒頭は三ヶ月前から。ダブルオーの起動テストのシーン、テストパイロットはティエリア。何か、似合わない絵柄だなw奴が紫過ぎるのかなんか変な感じだw

ティエリア「これで、今ある全ての組み合わせを試したことになる」

なるほど、GNドライブには性格のようなものがあるのですね。二機の太陽炉が同調しなければ00ガンダムは起動できない。なんとも贅沢且つ最強のガンダムだろう。一行は最後の望みをエクシアの太陽炉に託す。

で、OP。あれ?コーラじゃね?今更ながらアリーのカットの後で一瞬映るパイロットの顔がコーラだと言うことに気づいた。なんかみんな真っ赤だからわかんねぇよ!赤がアロウズカラーなのね。だから某仮面野郎の機体も赤いのね。元祖仮面とかぶっても仕方ないのねbomb!!!・・・何か嫌だな。もうちょっとカラーバリエーションが欲しい。MSって色も個性じゃん!・・・ま、こんぐらいにして本編へ行こう。

Aパートスタート。

20081012231252_2  刹那「二ール・ディランディはガンダムマイスターだった」

ライル「兄さんが・・・!?」

弟と確定した瞬間。弟つってももう三十路の一歩手前だけどね・・・( ̄ー ̄;)

そして兄の死を告げられる。ライルはもう肉親がいないわけですね。それにしてもこの兄弟、あまり頻繁に連絡を取り合うような感じではないらしいですね。互いにテロの影響で何かしろの武装組織に所属していたのでしょう。ガンダムの武力介入が始まる前のこの兄弟の歩んだ人生を知りたいものです。

つーか、また今更ながら、1stでこの兄弟の墓参りのシーンで木陰に隠れているのがニール、墓参りしているのがライルなんだってね・・・じゃあ、すでに一期でしゃべってんだね、sそんで、EDの表記はロックオンときた・・・!

銀さん「色々と小細工は使ってるがうそだけはついてねーぞ俺達」

本当だなっ!サンライズっ( ´_ゝ`)!!!

何だこの先週の銀魂とのシンクロ率!?そういうことさりげなくやりやがって・・・!

20081012231348 ホーマー・カタギリご登~場~

ドラマCD第二弾で奴が言っていたビリーの伯父(叔父?)ですね。

それにしても似てねぇ(笑)まさかアロウズのヘッドとはw

20081012231409 来たっ・・・!マネキン大佐!!時間の経過を感じさせない、てゆーか、変わらなさ過ぎだろっ!

まあ、もうこの人四十路前後でしょうから・・・リアルにオバさ・・・(自粛)

20081012231445 食堂にて、ソーマ・ピーリスと再会。ありそうでなかったツーショット。何か、こう、色々なキャラが絡むのってやっぱり面白いなwアンドレイも加わり話題はスルミノフ大佐ことに。

その何気ない風景の影で――

          20081012231532                                           お前ぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ(爆)!? 

何や!?この異常なまでの怪しさはぁぁぁぁぁぁっ(大爆)!!

ここ飯食うところだよね!?何でそう、目立たないようにしてんだよ!?目立ってるだろがっ!その仮面飲むのに邪魔じゃん!社員食堂にか仮面かぶった取締役がいるのと同じだよ!?これ!

20081012231539 仮面野郎「AEUの作戦指揮官に、超兵まで召集か・・・さすがはカタギリ司令、対応が早い」

そこにKYな変質者も付け加えとけ。

なんかもう笑って見れなかったよw

20081012231700 いつまで自分を監禁し続けるのかとラッセとミレイナに突っかかるサジ。

解放されたところで彼はカタロンと見なされ政府から追われる身になるのはわかりきった事。

もう彼の道は限られたな・・・!

この後赤ハロからハレヴィ一家に悲劇を起こしたガンダムがスローネだということを知る。赤ハロ「アイツラテキ!アイツラテキ!」からトリニティとトレミーが対立関係にあることに感づく。

スローネへの復讐フラグが成立!ネーナVSサジの構図が展開されるか!?でも、個人的にサジにはMSに乗ってほしくないんで・・・ネーナの機体のウィークポイントの解析とか擬似太陽炉搭載型機体への有効的攻撃法の発案とかそういう技術者らしい分野での活躍を期待している。MS戦はマイスター達で十分!

20081012231826 スメラギ「じゃあね、ビリー。二年間ありがと」

やはりあの決戦の後、居た堪れなくなってビリーの元へ転がり込んだのか・・・。それにしてもビリーへの愛情が感じられないw単なる必要な時に優しくしてくれる都合のいい男か・・・哀れビリー・カタギリ!

この直後、刹那登場。

20081012231909 そして・・・!ビリーはスメラギがソレスタルビーングの戦術予報師であると知ってしまったぁっ!彼の同胞を大勢殺したガンダムにミッションプランを与えた女だと。

ていうか、刹那ぁぁぁぁぁぁぁannoy!!

お前また秘密事項をぉぉぉぉぉ

!!しかも、聞いちゃったのはカタギリ司令の甥だぞぉぉぉぉっ!ハムの耳にも入るなこりゃ。

哀れ!ビリー・カタギリっ!!報われねぇぇっsweat02!!

20081012232241_2 ライルがマイスターになることを決意!自らロックオン・ストラトスと名乗ったっ!しかし、案外すんなり承諾したものだと思えば、これもソレスタルビーングをクラウスらカタロンと接触させるという目的の上でのことでしょうね。彼を奮い立たせたのは兄への想いか、カタロンという組織への思い入れか、どっちが強いのかはこれから見ていけばわかるか。

あと、マリナが捕まってしまいました。OPでの存在感は抜群の彼女ですが、どうも2ndでの出だしは存在感が薄い。でもまだ2話だしな・・・って思っても残り23話だからっ! やべっ!何か悲しくなってきた!とにかく刹那と絡むのはもう少し先か・・・。

Bパート。

もう、とにかく、言うことはこれしかないっ!

00ガンダムが神すぎるっ・・・・!

20081013012111 何ていいますか、GN粒子の演出といい、美しさが甚だしい!鳥肌モンでしたね、この世界に誇れる映像美+従来のガンダムと異なるダブルオーの柔軟な曲線的デザインが協調した瞬間ではないだろうか?

刹那「ここにはエクシアとOガンダムと・・・俺がいるっ!」

刹那・F・セイエイはガンダムマイスター、つまりガンダムと存在を共にする。あの日少年ソランの頭上に神々しくも現れたOガンダムは刹那の存在の根本であり、彼が為りたかったもの、信じた神でもある。そしてそのOガンダムと刹那という存在を生み出した、維持し続けたエクシアと今、OOガンダムによって一つになった。これはガンダム自体の存在意義を刹那自身が受け入れた、まさしくガンダムになった瞬間ではないかと思えた。刹那の運命はガンダムと共にある。

20081013012200刹那「これが俺達のガンダムだっ!!」           また、名言が一つ。単に格助詞を変えただけなのにねぇ~こんなにもインパクトがあるんだよwうまいわぁ、スタッフ。このシーン管理人の中で歴代ガンダムの中でも上位三位に入る。

予想外の展開に大ボス、リボンズは不機嫌な顔。リジェネは何か楽しんでるな、こいつ。

<ED>

「prototype」、すんげー合うな、おい。

2008101301240620081013012339

20081013012427 あ、刹那撮り忘れたsweat01

それぞれの過去を反映させてるようだ。ライルの頬に触れる手は誰のだ?母親とかエイミーか?フェルトは勘弁してくれ、弟にまで恋心的なものを抱くと何か引く。同志みたいな関係がいいな。ティエリアはリボンズやリジェネサイドとは敵対関係だが、それは彼一人なのか?

ラストに

20081013012529 ハブラレルヤ「マリー・・・」

・・・こんだけ?今週やっと台詞来たのに!?

ま、来週はアレルヤDAYだからま、いいかwソーマ・ピーリスとの過去が明らかになるのか!?

<ネタ>~管理人にはこう見えた~

20081012231532

乙女座ただいま周囲を窺いながらコーヒーブレーク中。

20081012231455_4  アンドレイ「あの・・・大佐、あの人はあれで隠れて私達の会話を盗聴してるつもりですか?異常な存在感醸し出してますけど・・・」

ソーマ「少尉、いいの。あれはああ言う人なの、あれでかっこいいと思っているの、他人の振りしておきましょう」

カティ「中尉の言うとおりだ。あの趣味の悪い変態仮面と一緒にされたら困る。現に今食堂の連中は皆奴                     20081012231539のことを見て見ぬ振りをしている。気づいてないのは                                                       本人だけだ。」

乙女座「あいつら・・・annoy!」

20081012232150_2 刹那「それが酒びたりの原因か?」

スメラギ「うるさいわねannoy!どいつもこいつも三十路過ぎだの、婚期逃したの、四年後設定になんてしなければこうはならなかったのに(泣)!」

|

« ブラッティ・マンデイ #1 | トップページ | 篤姫 第40回 「息子の出陣」 »

ガンダム00」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1109652/24464936

この記事へのトラックバック一覧です: ガンダム00 2nd season 第2話 「ツインドライヴ」:

» ガンダム00 2nd#02~ボケ返し [夢見る不惑☆星]
<秋名のハチロクだし。。> 刹那「彼はガンダムマイスターに乗っていた」 ライル「乗っていた? つまり、今は乗っていないのか?」 「そうだ」 「まさか、兄さんは。。」     「免停か?」 「いや。そう... [続きを読む]

受信: 2008年10月13日 (月) 13時04分

» ガンダム00-2 #02  ツインドライヴ [アニメブログ ★quest for quest★]
放送日 2008年10月12日 【スタッフ】 監督 水島精二 脚本 黒田洋介 絵 [続きを読む]

受信: 2008年10月13日 (月) 21時37分

« ブラッティ・マンデイ #1 | トップページ | 篤姫 第40回 「息子の出陣」 »