« ガンダム00 2nd season 最終回やる前に言っておきたい管理人の独り言 | トップページ | ガンダム00 2nd season 2010年まで待てねーから、とりあえずキャラ別に感想でも書いとく編 »

ガンダム00 2nd season 第25話 「再生」

フッ・・・何の冗談かと思えば・・・2010年まで待てるかァァァァァァ(超マジ切れ)!!!

どうりでこんな余裕のある最終回だと思ったよ!なんだよ、最近のサンライズの製作陣はみんなドSか!?焦らすの楽しんでんだろ?視聴者の反応見て楽しんでんだろ?例のアイツが全然でなかったもの伏線だったんだろ?こういうブログ記事眺めて上から笑ってんだろ?

ようし、じゃあ、乗ってやるよ!叫んでやるよ!!今日もバシバシ突っ込んで行ってやろうじゃないか!!

最終回感想スペシャル始まるよ!!

25_001刹那「俺を救い、俺を導き、そして今また俺の前で神を気取るつもりか!リボンズ・アルマーク!!」

25_003リボンズ「いいや。神そのものだよ」

刹那「そこまで人類を支配したいのか!」

リボンズ「そうしなければ人類は戦いをやめられず滅びてしまう。救世主なんだよ、僕は」

刹那「共に歩む気はないと?分かり合う気はないのか?」

リボンズ「人間達が自分の都合で動物達を管理しているのと一緒さ。それに純粋種となった君に打ち勝てば僕の有用性は不動のものとなる」

25_009刹那「そのエゴが世界を歪ませる。貴様が行った再生を俺が破壊する!」

リボンズ「いい覚悟だ」

刹那「ダブルオーライザー」

リボンズ「リボンズキャノン」

25_010刹那「刹那・F・セイエイ」

25_011リボンズ「リボンズ・アルマーク」

刹那「出る!」

リボンズ「行く!」

刹那はリボンズに理解の道を示したがリボンズはこれを拒否。彼は人類を統治することによってのみ紛争根絶が達成されると譲らなかった。

ここに宿命の戦いは始まった。だが―――

25_004ラスボス:リボーンズキャノン 

HP??? EN??? MP???

・・・ネーミングセンスはイノベイターどころか、イノベイトにもなれてねぇ(断)!

そしてリボンズの機体は・・・やはりガンキャノンで終わるわけなく、

25_019僕が1番うまく扱えるんだ!と(平成の少年少女たちに)証明する為に古谷氏は再びガンダムに乗ることとなったのだ。

25_020リボンズ「ツインドライヴシステムが自分だけのものと思ってもらっては困るな。そうとも。この機体こそ人類を導くガンダムだ!」

リボーンズガンダム降臨・・・!

・・・何か、カッコよくね?と思ったのは管理人だけでしょうか???

REBORNS GUNDAM 〔新生ガンダム〕 これを付けたいがために彼の名前がリボンズなんでしょうか?まあ・・・意味合い的にはいいんじゃね?ダブルオー内の初代ガンダムパイロットだけに、全シリーズにおいても初代パイロットだけに、二機目のネーミングとしては十分意味深であるが・・・センスはコーラサワー並みだなw(←何が?)

激突する二つのツインドライヴの機体。

だが刹那は3対1の絶対的不利の状況に陥る。

ヒリングとリヴァイブがリボンズの増援に現れる。純粋種とは言え、イノベイト3人はきつ過ぎる!

そんな時、ケルディムとアリオスが参戦。

25_030ハレルヤ「ひゃあはははははは!超兵復活と行こうぜ!」

何かハレルヤ出てきてるしぃぃぃぃぃ!!

このタイミングでってどんだけ~!!おい、ハレルヤ一つ言わせてくれ・・・

もう(存在感出そうと戦場にでしゃばって出てきて空気返上しようとしても)・・・遅すぎたんだよ・・・

ケルディムに至っては損傷甚だしく、電気バチバチ言ってるし・・・

この時1st23話が浮かんできたのは言うまでも無い・・・ニールが必死に神様仏様に頼み込んでる姿が浮かんでいたのは言うまでも無い・・・「あ・・・これそう思っておいた方がよくね?」と覚悟してしまったのは言うまでも無い・・・。

25_034ロックオン「システムの助けがなきゃ・・・イノベイターもその程度かよ!

しかし予想に反して、ヴェーダのバックアップのないイノベイド達には以前ような強さは無かった。

25_036アレルヤ&ハレルヤは大健闘、ヒリング機を追い詰め―――

25_037ヒリング「助けて・・・!リボ―――」

ついに彼女は散っていった。

やっぱ・・・ハレルヤいないと(戦闘能力的に)ダメじゃね?アレルヤ・・・。

アリオスは続けてリボンズにも仕掛けるが・・・自分は優良種といっているだけあり、一瞬で機体を大破させられた。

だが・・・死なないでよかった・・・!!

そしてロックオンも―――

25_044見てらんねぇぇぇぇぇぇぇぇぇ(冷汗)!!!

25_04625_048もうこれ・・・死ぬんじゃね??ってくらいボロボロになりながらもあのアニューと同タイプのリヴァイヴを撃墜。ヒヤヒヤしたぜ・・・まったく。

25_050ロックオン「これが・・・ソレスタルビーングだ・・・アニュー・・・」

戦闘不能状態になったケルディム・・・そのまま宇宙を漂うのであった。

さすがにサンライズは兄弟とも殺すようなことはしなかった・・・!

25_035そして戦闘は再び刹那とリボンズの一騎打ちに。

25_039トレミーも駆けつけるが、リボーンズガンダムの攻撃の前にGNフィールドは効かない。しかし、スメラギは煙幕を指示、リボンズの視界を遮ることを狙った。

25_041そして同時にイノベイターとなった刹那には脳量子派を使う者の位置が丸分かり!

25_043リボンズ「この力・・・純粋種の力か・・・!」

リボンズの後を取った!!

純粋種としての力を発揮する刹那の前にリボンズは苦戦を強いられる。

25_052リボンズ「君のその力、オリジナルのGNドライヴの恩恵があってこそだ!返してもらうぞ!」

刹那「誰が!」

リボンズ「そうさ・・・そうでなければ僕が造られた意義が無い、存在する意味も・・・」

ティエリア「違う」

25_053リボンズ「ティエリア・アーデ!ヴェーダを使って!」

25_056ティエリア「人類を導くのではなく人類と共に未来をつくる。それが僕たちイノベイドのあるべき姿だ」

25_055何故・・・ティエリア・・・服を着ろ(爆)。ヴェーダでプログラムしろ、あのお気に入りのピンクのカーディガンでもいいから!!

そういえば・・・男性陣はよくマッパになりましたね・・・(懐)

リボンズ「下等な人類などと一緒に!」

ティエリア「そうやって人を見下し続けるから分かり合えない!」

25_058リボンズ「その気はないよ」

この「その気はないよ」の言い方!あ、やっぱアムロだわ・・・この人(感)!そんな感じの一言でした。

25_059激闘の末、リボーンズはダブルオーの機能を停止させ太陽炉を一つ奪ってしまう!

25_062しかし、リボンズも無事ではなく機体は行動不能煮まで陥るが・・・運命の悪戯か、目の前にはOガンダムが宇宙に漂っていた。

リボンズ「ああ・・・これは運命だ。まだ僕は戦える」

25_065リボンズは奪ったオリジナルの太陽炉をOガンダムにドッキングさせ、前愛機Oガンダムに搭乗し、刹那にとどめを刺すべく戦場へ戻った。

しかしスメラギによって次の手は打たれたいた――――

25_066_225_067刹那「ガンダムエクシア、刹那・F・セイエイ、未来を切り開く!」

エクシアァァァァァァァァァァァァァァァ!!!マジカッケェェェェェェェェェェ!!!!

※ダブルオーも好きなんですが・・・管理人はエクシアの方が大好きです。

いささか展開が強引過ぎるとか、アムロの目の前にOガンダムが転がってるなんて都合よすぎじゃね?とか、エクシアあるなら早く使えよ!!酒びたり戦術予報士!!!とか、

ま 、 と り あ え ず 、 置 い て と い て (おい、コラ)―――

エ ク シ ア VS O ガ ン ダ ム とか・・・マジ燃えるしぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!

これは嬉しすぎる・・・!!

まさかの展開!!主人公とラスボスの旧搭乗機同士の決戦とは単純にガンダム好きにはたまらない!

25_069リボンズ「この人間風情がっ!!」

25_07525_07825_079あの日の神を・・・自身が抱いていた幻想を自らぶっ壊す!刹那とリボンズ、運命の戦いは最終段階に入った時―――

マリナの歌邪魔ァァァァァァァァannoy!!!

この演出余計ぃぃぃぃぃ!!!スタッフ!管理人が望む世界(メカ好きのこだわり)を歪めるなっ!!!

そして・・・何故ここにマリナの手紙?無理矢理すぎるぞっ!!台無しだろうがァァァァ!!!

貧乏姫・・・もう遅せぇよ・・・!!今更出しゃばるなぁぁぁっ!!!そして・・・管理人のエクシアとOガンダムの戦いを邪魔するなぁぁぁぁぁっ!!!

ここ普通にBGMギャオネクストのやつでいいだろうがっ!!

せっかく好みの展開が来ても残念でした。そのせいでマリナの手紙から意味性を取り出すことすら面倒臭くなりました。

25_08025_081マリナの独り言の傍ら激闘の末・・・両者は相打ちに!

25_082ついにリボンズの野望は打ち砕かれた・・・。

25_08425_085時は過ぎ・・・

25_087アザディスタン復活。マリナに至ってはいつの間にかアザディスタン皇女に戻って連邦傘下宣言とか・・・

マジなくね?無理矢理じゃね?

25_089非難通り越して・・・可哀想なヒロイン・・・(哀)

笑えない冗談だわっ!

とりあえずマリナのことに触れるのはメンドクサイんで・・・スルーしやすw

25_092病院ではルイスを見舞いにサジは来ていた。ルイスの容態は良好に、細胞侵食も完全に治まったようだ。

ルイス「ねぇ、サジ、世界はこれからどうなるのかな・・・」

サジ「正直、僕にも分からないよ。でも僕達は無自覚ではいられないと思う。平和の中にいた僕らは現実を知り、戦いを知り、その大切さを知った。考える必要があるんだ。本当に平和を求めるなら世界に着いて考えることが」

サジの言うように平和すぎる世界にいるからこそもっと真実を見なくてはいけない。どうするべきか考えなくてはならない・・・。この結論を出すためにサジとルイスは生み出されたキャラクターだったのかと改めて思った。

それと同時に、管理人はあと何年日本は「平和」と呼ばれる微温湯に浸かり続けていられるのだろうと思いました。

戦争は嫌ですね。だけど・・・国家がある限り、利害関係は生まれ市民の意思関係無しに人は戦争に巻き込まれる。00ではその始まりは化石燃料枯渇から太陽光発電エネルギーを巡っての戦争だった。これはただの作り話ではない気がする・・・いつか、それこそ100年以上先かもしれない、世界がまた荒れる日が来るかもしれない。20世紀前半の戦争ばかりの時代のように。

そうならないためにも我々は個人個人でしっかりと戦争行為を否定する意思を持たなくてはならない。

人は動物と違い言葉がある、「対話」ができる、対話で戦争を回避できることも出来る。

人間は動物とは違い話し合うことで争いを止めることができる。そのための言葉なのだ。

そしてそれは「理解」に繋がる・・・00は我々人間の可能性を示唆してくれた。

鼻で笑ってくれてもよし、キレイごとだと罵ってもよし、だけど・・・そう思う人間がいなくなったらもう人類は終わりだ。管理人はこの作品で自分を取り巻く世界に疑問を持つようになれた。今の世の中そんなことは不要と言う人もいるかもしれないが、だけど、自分の生きる世界は自分の意思と信念のまま生きたい。もっと視野を広げたいと心からそう思えた。

ありがとう、サンライズ。とても素晴らしい作品だった。

最後のエンディング「Unlimited Sky」と共にエンドロールだ流れ出した・・・

ハッピーエンド的なオーラ漂う中―――

・・・あれ?あいつ・・・まったく出てなくね??

おそらく全国の(大半の)00視聴者は思ったに違いない。しかも数秒前に激しいネタバレが―――

ショックなことにキャストに・・・中村悠一の名前が・・・

無かった(苦笑)。

だけど・・・パトリック・コーラサワーの名前が・・・

25_088あった(狂喜)。

25_100アンドレイ「准将。司令部はソレスタルビーイングの処遇をなんと?」

マネキン「やつらは腐敗したアロウズを叩いた功労者ではある。だが、武力放棄をしない限り、現政権をおびやかす危険な存在であることはかわりない。やつらに動きがあれば我々も即動くぞ」

めでたく准将に昇進したマネキン。アンドレイと会話している。

なんか・・・さらにキレイになりましたね?

その後に・・・先々週閃光の中に姿を消したアイツが帰ってきた。

25_101幸せ炭酸水「大佐ぁ~!何やってんですか!?」

マネキン「ノックもせずに入るな!それに私は昇進して准将だ!」

生きてやがったか!この野郎ぉぉぉぉぉぉぉぉっ(歓喜)!!!

つーか―――

タキシード?しかも真っ白?髪の毛まで整えて・・・まさか!

目の前には愛しのマネキン―――

25_103コーラ「ああ、すいません。それより、時間過ぎちゃってますよ!主役が遅れてどうするんですか!」

25_104マネキン「分かっている」

ウェディングドレスですかァァァァァァ(言葉にならない喜び)!!!

まさかまさかまさかまさかまさかまさかまさかまさかまさかの――――

25_105結婚おめでとうございまぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁすっ(涙)!!!

コーラ!よかったねェェェェェェェェェェェェェェ(ノд・。)!!!

夫婦になる関係なのに「大佐~」とか、笑えるが、この二人らしくていいんじゃね?

幸せのコーラサワー「不死身のコーラサワー改め、幸せのコーラサワーになりました~!」

25_106マネキン「やれやれ・・・まったくだ」

ああ!もう!幸せになれよ!!コンチキチョー!!お前なんか一生女房のカティさんに尻に敷かれ続けてしまえ!ツンデレ攻撃たくさん受けて子沢山になってしまえ!

・・・あれ?変だな・・・管理人の目から(マジで)GN粒子が出てきやがった・・・。

最終回で一番感動したのはこのシーンであった事は言うまでも無い。

25_107二人とも末永く幸せに!!

ラブ関係ならこっちも・・・

25_109ビリーとスメラギの写真、未だ立場は正直なところ微妙な感じ。だが再び歩み寄れた・・・ビリーはどんな気持ちでスメラギを送り出したのだろうか・・・なんて考えてたら―――

25_11025_111来たァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!しかももう武士道じゃねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!久々のスーツ・・・グラハム・エーカに戻りました・・・

とだけ、視聴者に(無言の)報告したかったらしい・・・。

そのワンカットで・・・終わった・・・ヽ(○´3`)ノ フッ

おいこらぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!スタッフぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!1番話題性あるやつが台詞なしの中村なしって・・・視聴者なめてんのか!!

先週の記事にも書きましたが・・・

本  当  に  泣  く  ぞ  ?サ  ン  ラ  イ  ズ

いや・・・マジ切れたぞこの野郎・・・!

そんなエンディングのワンシーンの中、管理人の心中にグサッと重いモンを残していったのが・・・

25_093ホーマー・カタギリ切腹。

初め、ハムかと思って驚愕したが違って安心。とはいいつつも・・・カタギリと分かってあまりの生々しさにどうしようもない複雑な気持ちになった。

管理人は戦犯者を肯定しない。だけど一人の人間としてみた時、本当にそれは「悪者」だったのかと考えると・・・必ずしもそうではないだろう。昔の軍人にも切腹した人間はきっといた。切腹は自分の武士道に、信念を貫いての行為。カタギリは決して悪人ではない。「恒久平和」という夢のような理想を実現のために彼は走り続けた。だが、それは人間の命の尊さを省みない残忍な行為。確かに実現は迅速になされるかもしれない、だが暴力による強制は受ける側から見ればその背後に隠されている彼の本当の想いなどどうでもいい、彼は悪意の塊以外の何ものでもない。

彼は許されざる行いをした。だが、彼自身の理想としたものは多くの人々が望むもの。

自ら汚れや役を買って出て、自分の武士道を貫き「恒久平和」を夢見た。だがやり方を間違えた、取り返しのつかないことになった。

彼のような屈強な精神の持ち主ならばもっと別の道で理想を掴み取れただろうに、武力による圧制に走ったのが彼の浅はかな選択だったとしかいえない。

理想とは・・・手段を選ぶべきものか、選ばざるべきか、難しい。

が、暴力による強制だけは絶対に間違っている!

マイスター達もそれぞれの道へ。

25_112ロックオン「父さん、母さん、エイミー、兄さん、俺はカタロンから離れてガンダムマイスターとして生きる。ロックオン・ストラトスとしてこの世界と向き合う。例え世界から疎まれようともその罰が下されるまで戦い続ける。そっちへ行くのはもう少し先だ、その時まで待っててくれよな・・・アニュー・・・」

25_114ロックオンは失った家族、恋人の墓前で今後もガンダムマイスターとして戦い抜くこと誓った。

25_116アレルヤ「世界は再び変わろうとしている。けれどそのために僕が犯してきた罪は・・・人の命を奪った罪は決して・・・」

マリー「アレルヤ?」

アレルヤ「この世界は矛盾していて、僕自身も矛盾していて・・・でもそれを変えていかなくちゃいけない。見つけるんだ、僕達が生きる意味を、その答えを」

アレルヤとマリーは・・・・・・・・・・・・・

25_119これ、どこいくの?ヒマラヤ?アルプス?アンデス?

2010年へ多くの謎を残していきやがったのだった・・・。

25_120ティエリア「これで未来は人類に委ねられた。僕はヴェーダの一部になり君達を見守ることとしよう。来るべき対話の時まで、サヨナラ、みんな」

ティエリアはヴェーダと同化し、ソレスタたちを見守ることに。

お前は本当に・・・一番成長したな(親目線)!また肉体ありで登場してほしいな・・・。

そして刹那は・・・ちゃんと生きてましたっ!

25_124刹那「俺達はソレスタルビーング、戦争根絶を目指す者。世界から見放されようとも俺達は世界と対峙し続ける。武力行使してでも世界の抑止力となって生きる。だからこそ俺達は存在し続けなければならない、未来のために」

25_122アレルヤとティエリアを除くお馴染みのクルー達と共に再びソレスタルビーングとして2010年へと武力介入の準備を始めたのだった。

25_131だがその裏で・・・木星で何かが起きようとしていた・・・・!!

あ、そうか、木星のこと忘れてた・・・!

と思った直後―――

劇場版機動戦士ガンダム00 2010年公開

・・・正直、嬉しいんだか、ムカつくんだかよくわかんなかったぞ。

そのための一瞬乙女座か、この野郎。

ってか、木星何があんの?何があんの??外伝とか一斉見てないからわかんないんだけど!!

焦らしすぎだろぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!

25_094

てか・・・↑この時点でもう何かあるとは皆分かってたべよ?

イノベイドだろぉぉぉぉぉ!?どう見てもこれ!

しかもアニューと同タイプって・・・意味深すぎる!!

来週から鋼やってけねぇーよ、もう気になってやってらんねぇーよ!

だが・・・最終回といっても、次があることには違いない・・・まだ完結してないことには違いない・・・

25_129サヨナラは言わねぇぜ!マイスター達!!

楽しみがなくなるよりは先送りになる方がマシじゃ!!!

そういうことで本編・・・お疲れさんでした、スタッフ。

劇場版楽しみにしてるぞ!!

あ、キャラ別感想も書きますので、そっちも見てくれると嬉しいです。明日うp予定。

|

« ガンダム00 2nd season 最終回やる前に言っておきたい管理人の独り言 | トップページ | ガンダム00 2nd season 2010年まで待てねーから、とりあえずキャラ別に感想でも書いとく編 »

ガンダム00」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1109652/28868507

この記事へのトラックバック一覧です: ガンダム00 2nd season 第25話 「再生」:

» 機動戦士ガンダム00セカンドシーズン 第25話(最終話) 「再生」 [Happy☆Lucky]
第25話(最終話) 「再生」 [続きを読む]

受信: 2009年3月29日 (日) 23時24分

» 『機動戦士ガンダム00 2nd』#25「再生」(最終回) [ジャスタウェイの日記☆ミラーブログ]
「悲しいすれ違いが起きて戦いになってしまったら きっと彼らが立ち上がる。すべての矛盾を抱え込んでも、きっと――」 はい、ということで最終回だったけれども 劇場版 機動戦士ガンダム00 2010年公開!! やっぱりかー!! と思った人は一体どれぐらいいたことでし....... [続きを読む]

受信: 2009年3月29日 (日) 23時51分

» ガンダム00 2nd 最終話「再生」 [マリアの憂鬱]
「新しい世界へ」 [続きを読む]

受信: 2009年3月29日 (日) 23時59分

» 機動戦士ガンダム00セカンドシーズン 第25話(最終回)再生 [レベル999のマニアな講義]
『再生』内容ついに対峙したリボンズのリボンズキャノンvs刹那のダブルオーライザー人間を管理するというリボンズに、挑んでいく刹那。ツインドライヴのガンダムタイプの機体のリボンズには、リヴァイヴ、ヒリング刹那には、アレルヤ、ライル、、、そして、、プトレマイ...... [続きを読む]

受信: 2009年3月30日 (月) 00時09分

» 機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン第25話「再生」 [アニメのストーリーと感想]
 ソレスタルビーイングに近づこうとするダブルオーライザーは、レグナントと対峙した。これ以上パイロットのルイスと戦いたくない沙慈は、未来は戦いから産み出されないと訴えた。しかしその訴えは届かず逆に未来や家族を奪ったのが、ソレスタルビーイングだと更なる敵意を抱... [続きを読む]

受信: 2009年3月30日 (月) 00時28分

» 機動戦士ガンダム00 2nd SEASON #25(最終回)「再生」 [無限回廊幻想記譚]
「そのエゴが世界を歪ませる。 貴様が行った再生を、 この俺が破壊する!」遂にイノベイターからヴェーダを奪還したソレスタルビーイング。だが、彼らの前にリボンズ・アルマークが深紅のモビルスーツに搭乗して姿を現す。刹那・F・セイエイが真のイノベイターに覚醒したのは、... [続きを読む]

受信: 2009年3月30日 (月) 00時32分

» 機動戦士ガンダム00 2nd season 第25話 感想 [黒猫コミック館]
「再生」 [続きを読む]

受信: 2009年3月30日 (月) 00時35分

» 機動戦士ガンダム00 2nd Season 第25話(最終回)「再生」 [日常と紙一重のせかい]
その再生を、破壊する──── 機動戦士ガンダム00 2nd Season 第25話(最終話)「再生」 [続きを読む]

受信: 2009年3月30日 (月) 01時06分

» 機動戦士ガンダム00 2ndSeason #25『再生』(最終回) [風庫~カゼクラ~]
2010年劇場版公開!っつーことで迎えた機動戦士ガンダム00最終回。 一時は劇場版へ結末を丸投げか?と危惧した時もあったけど アロウズ関連の決着をつけての最終回となりましたネ。 そんでもって人死にが味方勢ではゼロという予想外の結末でした。 機動戦士ガンダム00 セカ..... [続きを読む]

受信: 2009年3月30日 (月) 01時14分

» 機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第25話 「再生」 [たどたどしい日々]
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [DVD] ¥2,995 [続きを読む]

受信: 2009年3月30日 (月) 01時39分

» 機動戦士ガンダム00 2nd Season 第25話(最終回)「再生」 [空色きゃんでぃ]
ついに最終回! 果たして、ブシドーさんの出番はあるのか! コーラは生きているのか!? 最終回も全裸空間はあるのか!? 人類は、服の... [続きを読む]

受信: 2009年3月30日 (月) 02時11分

» 機動戦士ガンダム00 2nd #25 [日々の記録]
ガンダム00も、とうとう最終回です。個人的には、前回の展開ですっかり盛り下がってしまいましたが、復活したコーラサワーとマネキンの結婚式が見られたのはうれしかったです。(^^)刹... [続きを読む]

受信: 2009年3月30日 (月) 04時55分

» ガンダム002nd#25「再生」最終回 [シバウマランド]
リボンズのMA?カッコワルイですね;全体的に…頭とか…と思ったら変形するようですねガンダムです背中にジムがくっついてますwイノベーターはヴェーダのバックアップがなければーとかいってますがガンダムマイスターたちもシステムに結構頼ってますよねボロボロになり...... [続きを読む]

受信: 2009年3月30日 (月) 05時51分

» 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #25 「再生」 [ゼロから]
さあ、怒涛の最終話です。神を気取ったリボンズ。しかし、搭乗しているMSはちょっとねえ。 [続きを読む]

受信: 2009年3月30日 (月) 05時55分

» 「機動戦士ガンダム002ndseason」第25話(終) [日々“是”精進!]
  第25話「再生」(終)最後の決戦に身を投じる刹那。ライルの意思やアレルヤの思い、ティエリアの思念が漆黒の宇宙をかけるとき、ダブルオーライザーから発せられた粒子が一帯を包み込む・・・。未来を切り開くために・・・。刹那はリボンズと対峙最終決戦!“再生”...... [続きを読む]

受信: 2009年3月30日 (月) 06時47分

» ガンダム00 2nd 最終話「再生」 [見ていて悪いか!]
なんだかんだと文句を言いつつも最終回まで見て参りましたガンダム00も本日が最終回。コメント&TBにてお世話になった方々、稚拙な感想を読んでくださった方々には心からお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。... [続きを読む]

受信: 2009年3月30日 (月) 07時09分

» ガンダム002nd 25話 再生 [日常のぼやき]
うわあ・・・すっげー微妙な最終回・・・・・・ [続きを読む]

受信: 2009年3月30日 (月) 08時12分

» ガンダムOO「ガンダム対決で終幕も映画へ」 [別館ヒガシ日記]
は対は対決で終わり映画へ展開も 今回は対の対決は最後らしく良かったし 最終回だから平和な方に上手く終幕したと思うけども &と対イノベータもアッサリと終わったが ラブラブ&マネキンとコーラしちゃってるし ビリーと再び一緒に行動&王女は再興を民に近い ヴェーダ一部... [続きを読む]

受信: 2009年3月30日 (月) 09時59分

» 機動戦士ガンダム002ndseason第25話(最終話) [SOLILOQUY]
機動戦士ガンダム002ndseason第25話(最終話)「再生」とうとう最終回を迎えたガンダムOO今回は最終回での台詞等はカットの形で語ってみたいと思いますさて、刹那の最後の戦いの相手ははリボンズとなりました激しい戦い両者一歩も引かない、見ていて息もつけない雰囲気...... [続きを読む]

受信: 2009年3月30日 (月) 12時57分

» 機動戦士ガンダム002nd#25(終)祝☆コーラサワー!! [帰ってきた二次元に愛をこめて☆]
色々楽しませてくれてありがとう!!!!再生ではなく再利用だな、これは・・・「光る宇宙」から「脱出」までの。もろ、ア・バオア・クーだし・・・てか、最後までフルネームで言わないと気がすまない人達でした(笑)第25話「再生」ツインドライブシステムを持つリボンズ...... [続きを読む]

受信: 2009年3月30日 (月) 13時00分

» ガンダムOO セカンドシーズン 最終話「再生」 [ぷち丸くんの日常日記]
ヴェーダのバックアップから外れているリボンズの乗る新型機と刹那が 交戦状態に入る。 あくまで人類を支配して導こうと考えるリボンズとその考えを真っ向から 否定する刹那。 戦いは、ライル、アレルヤも加わるが、リボンズの方が一枚上手だった。 スメラギの提案で、スモー... [続きを読む]

受信: 2009年3月30日 (月) 14時02分

» 機動戦士ガンダムOO 2ndseason #25「再生」(最終話)感想 [おぼろ二次元日記]
覚醒した刹那の前にリボンズが立ちふさがる!月面での戦い、人類の未来はどこに!?「再生」リボンズのMS「リボーンズキャノン」と戦う刹那の00ライザー!だがリボンズのMSは変形してガンダムに!?それでも真の覚醒を遂げた00を手にしたいリボンズ。援護に駆けつ...... [続きを読む]

受信: 2009年3月30日 (月) 15時33分

» 機動戦士ガンダムOO 2nd. 最終回(全25話) 『再生』 感想 [メガネ男子は別腹☆]
ラストの幸せのコーラサワーのシーンで全てが吹っ飛んでしまったわ!! [続きを読む]

受信: 2009年3月30日 (月) 18時55分

» 機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン第25話「再生」 [アニメのストーリーと感想]
 ソレスタルビーイングに近づこうとするダブルオーライザーは、レグナントと対峙した。これ以上パイロットのルイスと戦いたくない沙慈は、未来は戦いから産み出されないと訴えた。しかしその訴えは届かず逆に未来や家族を奪ったのが、ソレスタルビーイングだと更なる敵意を抱... [続きを読む]

受信: 2009年3月30日 (月) 20時16分

» 機動戦士ガンダムOO 2nd Season 第25話 [WORLDS BLOG]
光りましたよね?アムロリボンズの額。イノベイターを超えるイノベイターとはニュータ [続きを読む]

受信: 2009年3月30日 (月) 20時48分

» 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン ♯25 再生の感想 [スポーツ&ネットウォッチングブログ]
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン ♯25 再生の感想 劇場版キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !! [続きを読む]

受信: 2009年3月30日 (月) 21時40分

» 機動戦士ガンダム00 2ndSeason 第25話「再生」 [黙々読書]
第25話「再生」 「救世主なんだよ、僕は」 「貴様が行った再生を、この俺が破壊する」 自分を神そのものだと言うリボンズ。 彼を否定... [続きを読む]

受信: 2009年3月30日 (月) 21時41分

» [ガンダム00]私はヴェーダ…かつてイノベイドと呼ばれた者 2nd第25話 [そして誰かいなくなるか?]
 なんやかやイチャモンばっか並べて、それでもここまでブーブー言ってるのは、充分に楽しんでしまった証拠なのかね?多分俺釣られすぎ。ミカンとりがミカンになっちゃしょうがねえなぁ。※こちらは本家blog「世界日本ハムの哀れblog@非公式」よりTBが飛びづらい所へのT....... [続きを読む]

受信: 2009年3月30日 (月) 22時15分

» ガンダム00第2期25話最終回「再生」 [空想野郎の孤独語り]
ちょっと今回は絵を後で入れることにして、先に文章アップ。 「どうせリアルタイムで見るほどのラストでもないよなあ」と 池袋でvaio春モデルピンクを探しまくってたんですけど、 sony自体で製造が終了してしまったよーです。泣 夏モデルも来月か五月には発売されるとのコトなんで、 ちょっと待ってみようかなーと、ジュンク堂でボーイズラブ新刊 買いまくって帰宅、それから見ました。 なぎささん、速攻メールありがとう!! 「交渉人は疑わない」(原作:榎田尤利)のドラマCDが 今年発売決... [続きを読む]

受信: 2009年4月 2日 (木) 01時58分

» さあ〜ってと、少しデンジャラスな意味を込めた動画を貼っちゃい... [シュージローのマイルーム2号店ミラー版]
 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!! このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!! できれば、ブログ下にあ...... [続きを読む]

受信: 2009年4月 3日 (金) 03時56分

« ガンダム00 2nd season 最終回やる前に言っておきたい管理人の独り言 | トップページ | ガンダム00 2nd season 2010年まで待てねーから、とりあえずキャラ別に感想でも書いとく編 »