« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

目の前真っ白になった・・・(苦笑)

まだ自分の限界を知らなかった頃、調子こいて自分は強いと信じ込んでいたモンですから飲み放題で飲みまくってました。

たしか・・・カクテルとかチューハイ、ビールの辺りを中心に飲んでたかな?それでもグラス4杯ぐらいです。

それで居酒屋の階段下りたら・・・

目の前真っ白になりました・・・(笑)

もう立ってらんなくて、ダッシュで居酒屋戻ってトイレ駆け込んで文字通り・・・吐くまで飲みました。

あの時・・・一旦落ち着いてトイレ出たとき、お水を持って外で待ってってくれた友達の姿に涙が出そうになりました。ありがとう、あの時(しみじみ)。

いや~その後、脂汗かきながら電車に乗って、駅でまた真っ白になってフラフラになりながらも自宅に帰れました・・・がんばったな、自分。

その話をよくすると、自分はどうやら、急性アルコール中毒の一歩手前に言ったらしい(悲)。

おまけにその後種類によってはアレルギー反応が出ることが発覚。

ああ、もう・・・何で地球上にアルコール成分なんて存在してしまったんだ!!コノヤロォォォォ!!

その瞬間、この先飲み会で置いてきぼりになっていく運命を背負わなくてはならないことを自覚!

以来、小グラス3杯を限度と決めている・・・(涙)じゃないと死んじゃうからね、自分。

コネタマ参加中: 酔ったら止まらない?!お酒の失敗談教えて!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鋼の錬金術師 第4話 「錬金術師の苦悩」

へこむ・・・超へこんだ・・・(涙)。だからこの話見たくなかったんだよ・・・だけどやっぱ日曜の楽しみ減るから見ることにしたわ(意志の弱い管理人である)。

H4_048今日のアイキャッチは反則過ぎる・・・(欝)。ま、タッカーはどうでもいいとして、ニーナとアレキサンダーとか・・・やめろよ、原作知らない人間に展開なんかバレンだろうがァァァァ!!

そんな感じで今日は非常に突っ込みづらい!

H4_001スカー「神の道に背きし錬金術師・・・滅ぶべし!」

冒頭、行き成りスカー登場!!管理人、スカーマジ好きだぜ!何か渋い系なのに荒川先生に崩されてしまう愛されっぷりがいいぞ!!

ああ、早くメイが出て来て欲しい・・・!この二人の絡みは好きだったw

さて記念すべき(!?)スカーの最初のターゲットは・・・

H4_005グラン准将ォォォォォォォォォ(泣)!!!

鉄血の錬金術師として豪快な戦術を披露してくれて数分・・・スカーにあっさり神の元へ召されてしまいました・・・(惜)

旧作では何か悪役でしたが、原作イシュヴァールの准将はそれはそれは・・・・・すばらしい決断力でしたよね!

In 東方司令部

H4_009ヘタレキザ大佐の溜め込んだ仕事の処理を黙々とやる増田家の皆さん。

H4_008・・・・・・・・中尉、顔が怖いです(恐)。

リザの本音(管理人の妄想)「ふざけんなよ、湿気たマッチが。毎度毎度部下に尻拭いばかりさせて自分はようようと女の下にGO!かよ!一体私達がどんだけお前の地位を支えてるのか分かってんのかねぇ~ってかよぉ、お前がこんなに仕事残してくれたおかげで仕事増えて出会いを求めに行こうとも行けないっての!ああ!チクショー、マジ婚期遅れたら増田のせいだ、全部あいつのせいにして一生呪ってやる。いっそのこと私が大総統になってアイツの人生どん底に落としてやろうかそれとも―――」

・・・・・・とか思ってたりして。

さりげなく・・・

H4_010えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!?ヨキスルー!?スルーなの!?

唯一の黄金時代の話をしないなんて・・・この先ただの浮浪者じゃないか!つっても、階層とかでやりそうですね、炭鉱の話。

ってか、今日地味に軍部メンバーたくさんでてるな!

そこにエルリック兄弟訪問!

H4_011フュリー曹長が苦戦してた無線の故障を意図も簡単に直してしまう豆の錬金術師。

電気屋いらず・・・!

この世界の機械技師は皆錬金術やればいいと思ったw

H4_013リザ「おかえりなさい二人とも、大佐がお待ち兼ねよ」

野郎がお待ちかねじゃあ、いい顔できないよな(笑)。

って感じで、エドワード・エルリック(15)VSロイ・マスタング(29)の皮肉の言いあいが始まった。

ロイ「綴命の錬金術師ショウ・タッカー、キメラ練成の研究者だ、会わせてやろう」

アル「大佐がわざわざ・・・?」

H4_014エド「売るな!絶てぇ裏がある!」

ロイ「疑わしい目で見るんじゃないっ!これでリオールの件はチャラだ!君に借りを作るのは気色悪いからな」

おい、増田、一体いくつ年下に向かってムキになってんだよ・・・(笑)

そしてちっとも信用されていない辺りが笑える。何でしょうね~この関係、上司と部下つうか伯父さんと甥っ子みたいだなw

H4_015生体練成に詳しい錬金術師としてロイが紹介したのは綴命の錬金術師ショウ・タッカーだった。

彼のうちに着くなり、さっそくお出迎え・・・

H4_017(主人公よりデカイ)犬だけどw

H4_018押しつぶされた国家錬金術師、実際のエドの身長はいくつなんでしょうかねぇ~。

H4_019ニーナとショウ・タッカーが家から出てきた。

ロイは早速、二人に生体練成の研究資料を見せてやって欲しいと頼む。タッカーはこれを快く承認。

毎度毎度思うんだが・・・エルリック兄弟、増田に感謝しろよ?

何やかんだでよく世話をしてしまう増田であった。いいオジ様だなw

H4_021タッカー「人の手の内を明かすのなら君の手の内も明かしてもらわないとね。それが錬金術師というものだろう」

最もです。かつ抜かりねェェェェ!!こんなひょろひょろした身なりのクセにしてそう言ったところはしっかりしてるんですね~なんか不気味だな・・・。

H4_025そして兄弟はタッカーの要請に応え、自分らの禁忌を明かす。それを見たタッカーはエドの器量と同時に最年少錬金術師といわれる所以に納得する。

H4_027こんな家には住みたくねぇ・・・!ガチで思いました。

H4_028資料室に案内された兄弟は早速読み漁る。その集中力は周りの声が聞こえなくなってしまうほど。

H4_030タッカー「いるんですよね・・・天才ってやつは」

・・・・・・・・・・・・・・・(゚ー゚;ゴクリ。

いちいちこいつ、キモいんですが。

こういう人がボソッと言った一言は聞きたくなかったと聞いていない振りしつつも後悔する。(実体験あり)

H4_031資料に没頭するアルの元に小さな刺客が・・・!

H4_032そんな目で見つめられたら・・・遊んでやるしかないじゃないかァァァァァァァァァァァァァ(照)!!!

アルは素直で良い子だな。管理人なんか照れちゃって、何かそういう童心に変える姿見られたくないもんですから、身内のチビにこういう顔されても知らん振りしてしまうひどいやつです(笑)。

H4_033そんな感じで遊び出してしまうアルフォンス。仕事的には「おめぇ、何やってんだ!!」って感じなんですが・・・遊んでやってくれ、お願いだから・・・(涙)

H4_034エドの元にも・・・

H4_036アレキサンダー再襲来!

H4_038エド「獅子は兎を狩るにも全力を尽くすという・・・」

H4_039「このエドワード・エルリックが全身全霊で相手してくれるわ!犬畜生めェェェェっ!」

H4_040犬にまで完全になめられてる鋼の豆粒・・・(爆)

H4_041ハボック「よう大将、迎えに来たぞ?・・・・・・・って何やってんだ?」

そしてそのまま遊び過ぎて・・・お迎えが来る頃にはアレキサンダーにねじ伏せられてしまったエドワード。

ってかハボックゥゥゥゥゥゥゥゥっ(喜)!!!

ま、松本さんじゃねぇっ・・・・(悔)!

ギャァァァァァァァァァ!SHOCK!!ダメっしょ・・・?こいつの声はあの人じゃないとだめっしょ・・・・ノリスケェェェェェェェェェェェェェェェェ!!!

しかも・・・うえだじゃん!ビリーじゃん!ダブルオーキャスト多すぎ!やばい、このままだとこの先しょっちゅう00ネタに走るぞ!

ってか・・・ファルマンの声、コーラじゃんっ(驚)!!

新キャラに宮野&中村が来たらもう笑うしかねぇ・・・!

H4_044ロイからの伝言をハボックはタッカーに伝える。タッカーはもう査定間近だったのだ。研究成果が得られないことで自分の国家錬金術師としての地位が揺さぶられる。後がなかった。

H4_047ニーナ「えー?お父さんなら大丈夫よ!だっていつも一杯勉強してるもの!」

タッカー「そうだね。がんばらないともう後がないもんなぁ・・・そう・・・もう後がないんだ・・・」

追い詰められた彼に不気味な雰囲気が漂う。

次の日も兄弟はタッカーの家を訪れた。資料室でニーナは母親のことについて兄弟に話す。

アル「そっかこんな広い家にお父さんと二人じゃあ寂しいね」

H4_050ニーナ「ううん、平気!お父さん優しいし、アレキサンダーもいるし!でも・・・お父さん最近研究室に閉じこもってばっかりでちょっとさみしいな・・・」

アレキサンダーがいて一人じゃないといっても、母親のいない小さな子にとっては唯一の肉親である父親に相手にしてもらえないのはどんな理由があろうと寂しいことだった。

エドはそんな彼女の言葉に幼き日を思い出していた。エドもアルも父親に関しては寂しい思いをしていた。父ホーエンハイムは書斎に篭ってばかりの日々でニーナ同様、相手をしてもらえることは少なかった。そして彼は母親が死んだ時にも帰ってこなかった。その時の経験というものはいくつになっても影響してくるもので、ある意味兄弟はニーナの一番の理解者だったのではないだろうか?

H4_054エド「あー、毎日本読んでばっかで肩凝ったな」

アル「少し運動すれば?兄さん」

エド「それもいいなぁ、おら!犬!俺の運動に付き合え!」

素直じゃないが・・・いい子だよ・・・エドワード・・・(涙)。天国のお母さんもよろこんでるに違いない。

こういう少年らしさに心が温まる・・・しかも・・・

H4_055ニーナのこの顔・・・

ボンズゥゥゥゥゥゥゥ!お願い!!管理人をこれ以上泣かさないでェェェェェェ!ただでさえ最近涙もろくなってしまったのだから!!

H4_058子供達の元気な遊び声の傍らで・・・暗い研究室の中でタッカーの中でなんかの糸が切れてしまったらしい・・・。

H4_063タッカー「ニーナ、明日はお父さんと一緒に遊ぼうか?」

ニーナ「本当!?」

やめろォォォォォォォォォォ(大汗)!!ニーナァァァァ!!お父さんのこの顔は大人には明らかに裏のある顔に見えるからァァァァ!!

この演出付けたの誰だ!?余計残酷さ残るじゃないか!

H4_064そして再び兄弟が訪れた時・・・

H4_066タッカーの作品、「人語を理解するキメラ」は完成されていた。

H4_069滅多に出会えない研究成果に兄弟は興味津々になるが・・・

H4_070キメラ「えど・・・わーど・・・えどわーど・・・」

H4_071「お・・・にい・・・ちゃん・・・」

H4_072その時、エドは全ての真相に気づいてしまった。

H4_074エド「タッカーさん・・・人語を理解するキメラの研究が認められて資格取ったのいつだっけ?」

タッカー「ええと、2年前だね」

エド「奥さんがいなくなったのは?」

タッカー「2年前だね」

H4_077エド「もう一つ質問していいかな、ニーナとアレキサンダーどこいった!」

アル「!?」

H4_078タッカー「君みたいな勘のいいガキは嫌いだよ」

2年前出て行ったといわれるニーナの母は資格を取る際の研究成果とされ、そしてニーナとアレキサンダーは・・・目の前にいるこのキメラこそ彼女達であったのだ。

H4_079エドは激情のままにタッカーを壁に押し付ける。

タッカー「何を怒ることがある・・・人類の進歩は無数の人体実験のたまものだろう。君も科学者なら―――」

H4_081エド「ふざけんな!こんなことが許されると思っているのか!?こんな・・・人の命を持て遊ぶようなことが!」

H4_082タッカー「人の命!はは!そう、人の命ね!鋼の錬金術師!君の手足と弟!!それも君の言う”人の命をもて遊んだ”結果だろう!?」

エドはその言葉の衝撃にタッカーを鋼の右手で殴ってしまう。

これは・・・行為そのものを言うならタッカーの言い分はその通りだといえる。しかし、その行為に至らせた根本の心理を考えるとエドとタッカーは違うともいえる。エドの場合少年時代の純粋な気持ち、母親にもう一度会いたいという純粋な気持ちが招いた結果であって、タッカーのように国家錬金術師という名誉資格の獲得・継続のためにという下心的な欲求はない。そしてタッカーは妻と娘、そしてアレキサンダーという明らかに命を使う練成を犯した。兄弟の場合は材料は命のない物質でしかない。つまり「命を使用する行為」という認知をしていたタッカーは明らかに殺人に匹敵する残虐行為をやらかした。だが兄弟の場合結果的に出来てしまった人らしきものの命を奪った。「結果的に」という副詞は欠かせない。命の使用を存知していないが行為自体、成功しようと失敗しようと倫理に反する。

結果的には同じだとは思う。最後はどちらも命を奪っているのだから。だが違って欲しいと思うばかりである。

H4_084エド「違う!俺たち錬金術師は!こんな事・・・!俺は・・・!俺は・・・!」

H4_085自分らの起した禁忌に触れられ、混乱するままタッカーを殴り続けるエド。アルはこのままではタッカーを殺してしまいかねないと彼を止める。

H4_088アルは錬金術師としてニーナを元に戻すことが出来ないことを深く悔やみキメラをなでる。

キメラ「あそぼ・・・あそぼうよ・・・」

この「あそぼうよ」はどんな気持ちでニーナは言ってるんだろうな・・・。

H4_090ロイ「身もふたもない言い方をするならば我々国家錬金術師は軍属の人間兵器だ。一度事が起きれば召集され命令があれば手を汚すことも辞さず、人の命をどうこうすると言う点ではタッカー氏の行為も我々の立場もたいした差はないということだ」

タッカーと自身を同列に並べられるのはロイ自身がイシュヴァールで多くの人間を焼き尽くしたからだろう。割り切っているロイと受け入れられないエドの壁はこの経験があるかないかのことなのだろう。

H4_091だがロイの言うとおり、エドはそういう鬼にならなくてはならない場合のある道を進んでいく事を自分で決めたのだ。だからこそ彼はこの事件で消沈していることなど許されないのだ。

H4_093エド「だけどな俺たちは悪魔でもましてや神でもない、人間なんだよ!たった一人の女の子さえ助けてやれないちっぽけな人間だ・・・」

その理屈を頭で理解できても15の少年には受け入れ難い現実と自分は人の命を奪いたくないという本心が抑えられない。エドは叫ぶが、ロイは振り向かずに行ってしまう。しかしロイもその気持ちはわかっている、彼もきっと人殺しになる前はエドと同じだったのだろうから。

H4_096身柄を拘束されたタッカーとニーナの前にどこから嗅ぎつけたのか死神が舞い降りた。

H4_097スカー「神の道に背きし錬金術師、滅ぶべし!」

スカーの右手によってタッカーは人体破壊されてしまう。国家錬金術師を恨む者に殺された綴命の錬金術師の最期だった。

ニーナは血に塗れる父親の元へ寄ってきて涙を流す。キメラになっても父親が死んだという事実は理解できているようだ・・・。

スカー「哀れな、この姿になってしまっては元に戻る方法はない。せめて安らかに逝くがよい」

H4_099そして彼はニーナまでも破壊した。おそらくこの親子は、あの世へ行っても再会することはないだろう。

スカーのこの行為は残酷にも見えるが、この姿のまま生き延びたとしても待っている未来は闇でしかない。きっと研究所に運ばれて実験体にされたりするのだろう。死んでしまったほうがましなのかもしれない。

H4_100スカー「神よ、今二つの魂があなたの元へ帰りました。その広き懐にニ人を迎え入れ哀れな魂に安息と救いを与えたまえ」

役者が出揃ってきた!今週はストーリー重視の話だったが、来週は兄弟VSスカーの格闘シーン満載な予感!

そして・・・無能伝説の始まりじゃね?

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (32)

銀魂 154話 「誕生日会はいつものアイツが違う奴に見える」

金時「YOU、整形しちゃいなよ」

ジャニーさん・・・(爆)。シャレになんねーよ、マジでよりによって今日とかシャレになんねーよ!!

いや~竜宮編の全裸での心の開放感に浸る新八とマダオのごとく・・・草薙君も泥酔のせいで変な扉開いちゃたんですかね?真理の扉開いちゃったんですかね?

何かもう衝撃つうか、爆笑してしまった自分・・・そして銀魂恐るべし!

ちょい、待てや、こら。「物語において重要な意味を持つケツアゴ」って・・・ケツアゴ=新八じゃなくて・・・

ケツアゴ=ケツみたいに割れたアゴ

そっちかァァァァァァァァァァァァァァァ(怒)!!

しかも整形ENDとか・・・そんなにイヤなら何で気づかなかったんだ!普通顔変えたいんなら絶対そこに行き着くだろ!?初めは!!

いやぁ、ここの病院は余程優秀らしく・・・包帯時にもっこりとも(←問題発言)してなかったあごに―――

汚れたバベルの塔がぶら下がっていたのだから・・・(笑死)!!

おい、誰か突っ込めェェェェェェェェェェェェェェ!!!

もう・・・いっそ殺してやってくれ・・・新八を・・・その洞爺湖で安らかにあの世へ送ってやってくれ・・・(腹痛)

何でみんな直視できんの!?ってか、これ医療ミスで片付けられるレベルじゃなくね!?この病院は移植専門の泌尿器科か・・・w

そんな感じで金魂最終回!?のはずが・・・

スタッフ「気が向いたらまたやるかも」

どんだけ適当ォォォォォォォォォ!?スタッフゥゥゥゥゥゥゥ!?

やるんなら1話丸々使っちまえ!そのほうがちゃんとした迂回ルートなるし。

本編。

今日は九ちゃんの誕生日らしい。

お妙「基本私達はサザエさん方式で年を取らないからお誕生日会なんてしたくてもできないものね」

弟の純粋な気持ちがぶち壊された瞬間だった・・・(涙)

つか、いいよね~いつまでもそのままとかいいよね~

・・・マジ管理人も叶うんならサザエさん方式になりてぇよ!最近は誕生日ケーキのロウソクが恐ろしくて仕方ねぇーんだよォォォっ!!プロフィールの通りに永遠の中学二年生になりてよォォォォォォォォォ(発狂)!!!

久々のあの男の計らいだった―――

東条「困りますよ!そんな堂々と門前からはいってこられちゃ!!」

・・・・・・・・どう見てもコソ泥にしか見えませんよ、東条さん。

東条「こちらの方は今日のプログラムになっておりますので確認しておいてくだされ」

何か宝塚みたいな表紙だな・・・(笑)

東条「あとはこちらの台本の方も台詞などあらかじめ決めておきましたので若が来るまでに覚えておいてくだされ・・・」

若愛しすぎィィィィィィィィィ(爆)!!

アドリブも不要って・・・人生はアドリブですが、何か?そしてこいつらの存在そのものがアドリブみたいなもんですが、何か?台本通りなんてどう考えても無理だなw

まさかこれはそのままで来るとは思ってなかった・・・

新八「あれ・・・俳優の小栗旬之介じゃないですか!?」

小栗旬之介来たァァァァァァァァァァ(爆)!!

ってか柳生家と芸能界って・・・ど、どんなつながり!?

扉を開けたらそこは・・・セレブばっかしの場違いなところでした。

もはや「友人」という立場が何の強みにもならない恐ろしい世界が繰り広げられていた・・・。

そこに竜宮編でのあの男達が真剣な顔つきでテーブルを囲んでいた。

亀梨までェェェェェェ!?あ、あれ~?中身どこに行ったぁぁ!?

新八達はこの空気に耐え切れず大人しくしているのだと思いきや、テーブルの上に大胆に展開されていたのは―――

人生ゲームだった・・・(笑)

マダオ「よっしゃぁぁぁぁ!!人気俳優になり収入二千万増える!以後順番が回ってくるごとに二千万はいる!!勝ったぁぁ!これは完全に勝ったな!勝ち組だ!勝ち組だよ!ついに俺も!!」

・・・・・・・・・・・・・・・・マダオ・・・それでも無職という現実は変わらない・・・(哀)

ゲームの世界でばっか出来る男になって・・・悲しいことこの上ないorz

桂「黙れ!勝負は最後までわからんぞ!!」

お前は攘夷活動どうしてんだよ。

つーか、マダオ、目の前のウザいロンゲ幕府に突き出せばすぐ役人として復帰できるぞ(笑)?

銀さん「いくら金持ちになろうと現実という名のボードの上ではあんたが無職という事実はなんら変わりのねー事を忘れんなよ?」

お前も無職みたいなもんだろうがァァァァァァァァァァ!!!

・・・新八の気持ちが痛いほどよくわかりました。

ヅラの頭の中はいつの時代になっても最新鋭ゲーム機はファミコンらしいw

マダオ「心配いらねー、俺たちは幼い頃からあらゆるお誕生日会に顔を出しご馳走を食らってきた」

ヅラ「いわば誕生日会のプロフェッショナル」

銀さん「バースデーファイターだ」

聞いた事ねぇよ、おい。

つーか、マダオはいいとして、銀さんとヅラは・・・松陽先生に何を教わったのかな?ましてヅラ・・・お前・・・銀さんと坂本以外に友達いたんだ・・・(驚)

あれ?チャイナ娘がいねーと思ったら・・・

バイキングの前でテント張って開始時間まで現場で張ってるつもりだったらしい。

神楽「まだアルか、パーティーの時間は・・・」

新八「何徹夜覚悟の構えで並んでんだぁぁぁぁ!?」

そして何故春巻き・・・!?銀さん!もっといいもの神楽に食わせてやれよ!!

そんな騒ぎをしていると、てっきりもうバイキング開始だと思って・・・

小栗君が間違えてすごい早さで席に戻っていきました(爆)。

こっちもなんか恥ずかしくなってきた・・・。

そんな中、ついに主役登場!

九兵衛、お誕生日おめでとうございます。 by管理人

そして常識人として変人どもの押さえ役に回っていたこいつもついにボロを出した。

BIRTH DAY SONG by新八(ほぼ独唱)

新八「あれ?なんで?なんで余計浮いてるの?一生懸命歌ったのに・・・」

銀さん「17話みろ、17話見直してみろ」

自身が音痴であることに気づいてなかったのか・・・(絶句)!

しかもマイクらいらずとは、声量半端ねぇ~!!

まあ、こんな光景見たら・・・

新八「やばいんですけど、いつも糸目の東条さんの目が見開かれてるんですけど。瞬きをせずにじっとこっち見てくるんですけど」

開眼・・・。

東条怖ェェェェェェェェェ!!目力半端ねェェェェェ!!!

さらに・・・東条歩の第二形態!

新八「銀さん、やばいんですけど、東条さんの目からビームが。やばいです。いい加減にしないとやばいです」

何 で そ ん な 技 隠 し 持 っ て る ん だ よ 柳 生 四 天 王 。

ってかこのビームの破壊力はいかほどなんでしょうか?

そうか・・・この目からビームが柳生四天王筆頭である謂れか!?

式次第はプレゼント贈呈に。九兵衛へのセレブたちのプレゼントの豪華さにケーキを贈ることをためらうお妙。しかし、新八は九兵衛は喜ぶと励ます。

そしてお妙が九兵衛のもとに行こうとしたとき、客の一人がわざとぶつかりケーキは落ちて崩れてしまう。

新八「謝れよ、ちゃんと姉上に謝れ!」

怒る新八だったが、周りの客は彼らが帰ることを促してくる!

そしてついに東条の介入が―――

東条「これ以上若の顔に泥を塗るまねはこの柳生四天王が一人許しません」

万事屋達を排除するかのように思われたが、成敗したのはぶつかった客の方!

東条「私は若の友人達を侮辱した連中に出て行けといったのですよ」

あ、あれ・・・目がおかしいのか・・・管理人が疲れてるのか・・・?

東条が・・・あの変態ゴスロリマニアの東条が・・・カッケェェェェェェェェェェ(喜)!!

東条が実際に呼んだ誕生日会の客は万事屋だけ。い、一体本当にどっから聞きつけてきたんだこのハイエナたちは。

東条は客達の見え透いた下心に嫌味と皮肉をたっぷりくれてやり、全員怒らして帰らせてしまった。

つまり、万事屋は日頃からこういうのが気に食わなかった東条に利用されてしまったのだった。

いや~たまにはいいことするんだな、東条も。

九兵衛「カッコつけるのも結構だが、パパ上に叱られても知らんからな」

ビビッでやがるって・・・パパ上の許可なしだったんかいィィィィィィィ!!

あ~あ、これ、また腐った卵食わされるよ。またトイレの中心でカミを叫ぶんだよ。

九兵衛「ともあれ・・・礼は言っておく。素敵な誕生日をありがとう」

銀魂史上最強のツンデレですね、九ちゃんは!!

だから東条は九兵衛がかわいくて仕方ないんでしょうね。もう嫁になるつったら大泣きでしょうね、男衆はw

しかし何故小栗がいるゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!?九兵衛と仲良しなのか・・・それとも春巻き好きなのか・・・まあ、なんでもいいや。

次回は、オリジナルか!迂回ルートを進むにはもっとオリジナルがないとやばくね??

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (14)

好きな「戦隊モノ」といったら・・・

もう断然、五星戦隊ダイレンジャーです。

今思うと戦隊モノのクセにやたらテーマと内容が濃かった記憶があります。もう十年以上前のことなのではっきり覚えてないのですが・・・(汗)

一番記憶に残ってる話は6人目のキバレンジャーである小学生のコウの体内にあるゴーマ(敵組織)の血を覚醒させないために5人が彼のお母さんを探し出して覚醒を止める話ですね。

コウの父親がいつも出てくるゴーマ3人衆の一人野心家のシャダムだったり、そのシャダムの息子で父ととゴーマながらも敵対していて、コウのライバルであるアコマルは実の兄弟だったりと・・・

やっべ、昼ドラ並みにドロドロの人間関係じゃん(笑)!

最後はお母さん死んじゃうんですよね。その死に際がまた・・・切ねぇ!自ら母との間に溝を掘っていたアコマルが母を求めてくるんですよね。それで最期は母子ともにあの世に旅立っていくんでした。

他にもリュウレンジャーリョウとジンのライバル関係があったり、ジンがめっちゃ渋くてカッケーんですよ!シシレンジャーダイゴとクジャクの恋愛関係があったり、クジャクとゴーマ三人衆のガラが因縁のライバルでダイゴともバトルフラグがよく立った。あとヤンキー・・・じゃねぇ、テンマレンジャーショウジとゴーマ3バカトリオ(バイクと電話と墓の妖怪?あれ?敵役ってなんて言ったけ??)の仲間同士なんだか敵同士なんだかよくわからない関係があったりとそれぞれがドラマを持っていた。

ロボットも好きだったな~。最終形態が全部とりあえず合体しとけ的なのがうけるwもうプリンの上にフルーツ適当に盛ったような感じでしたね、今思うと。

他にも好きな戦隊モノでジュウレンジャー(レッドの兄貴のグリーンが好きでした。何か仲間になるまで長いし、仲間になっても死んでしまう辺りが切ない)とかジェットマンとかあるんですが、一番記憶にあるのはこれですね。

コネタマ参加中: 好きな『戦隊モノ』、教えて!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鋼の錬金術師 第3話 「邪教の街」

アンドレイィィィィィ!?そんなもん食ったら腹壊すどころか、速攻お父上のいる場所に召されるぞ!!

H3_092・・・あ、グラトニーか、この声。

ってか白鳥さん三連続日5ってすげェェェェェェェ!!!

地味に結構でてますね(←失礼)。

さて本編はリオールの話に。前作1話でしたね、確かこの話。

しかし・・・

H3_003民衆「鋼の錬金術師エドワード・エルリック!!」

民衆「いやぁ、あんたが噂の天才錬金術師!」

民衆「なるほど!こんな鎧着てるから二つ名が「鋼」なのか!」

アル「あの・・・僕じゃなくて・・・」

民衆「へ?」

H3_004民衆「あっちの小さいの?」

H3_005エド「誰が豆粒ドチビだァァァァァァァァ!!」

お決まり過ぎィィィィィイ(笑)!!

相変わらず間違えられてしまうアルフォンス。

相変わらず見ず知らずの人々に二言目には小さいといわれるエドワード。

いやぁ、どこいってもみんな同じ反応ってすごすぎるぜ!ネーナとリジェネ・・・じゃねぇ、エルリック兄弟!!

H3_008死せる者に復活を与えると言われる教主の話に探し物の匂いがプンプンするということで兄弟は教会に乗り込む。

宗教がらみの話は人間臭いのでおもしろいですね。

H3_009ロゼ「レト教に興味がおありで?」

ロゼ登場!声は桑島さんではなくなったらしい・・・

ってかそう考えると前作声優陣豪華過ぎじゃね(汗)!?

まあ、でも、今作もまだ分からないキャストいるから前作以上になりそうかもなw

H3_010エド「いや、生憎無宗教でね」

お前はいくら苦しい死に際でも「神」の単語すら口にしなさそうだけどな(笑)!!

H3_011ロゼ「いけませんよそんな、神を信じ敬うことで日々感謝と希望に生きる・・・なんと素晴らしいことでしょう!」

日々感謝と希望に生きれたらどんなに幸せなことでしょうねぇ?経済不況で先の見えない日本社会で感謝と希望に生きられたらどんなに素晴らしいことでしょうねェェェェェ!?

神を敬ってそんな明るい人生だったらこの世に幾多も宗教なんて存在しないわァァァァァァ!!!

H3_012ロゼ「信じれば・・・きっとあなたの身長も伸びますよ!!」

こ れ は 神 頼 み だ な ・・・・・(哀)。

ロゼは本気で死者が蘇ることを信じているらしい。聞いてられないエドはお得意の科学論理を展開させる。

H3_013エド「水35ℓ、炭素20kg、アンモニア4ℓ、石灰1.5kg、リン800g、塩分250g、硝石100g、硫黄80g、フッ素7.5g、鉄5g、ケイ素5g、その他諸々・・・」

ロゼ「は?」

エド「大人一人分として計算した場合の人体の構成成分だ。今の科学ではここまで分かっているのに実際に人体練成に成功した例は報告されていない。科学でも出来ないことが祈ったら出来るのかよ」

ロゼ「祈り信じよ、さすれば何時の願い成就せり」

もうガチでロゼの言い分にイライラしてしまった自分だった。

何か宗教に深い信仰がある人は知らないが、大抵の人がロゼを哀れと思ったのではないだろうか。これはアニメだから現実味が湧かないかもしれないけど、本気でこういう迷信信じてしまう人って少なくないんだよな。信じ祈るだけでは何にも変わらないし、起きることはない。エドの言うように科学で出来ないことが祈ったら出来るはずないのに、何かにすがりたいがために都合のよい言葉を信じきってしまう。それは人の心の弱さゆえ。

宗教は人の心の弱さを緩和させるために生み出されたようなものなのではと思ってしまう。

H3_015エド「この世のあらゆる物質の創造原理を解き明かし真理を追い求める・・・神様を信じない俺たち科学者がある意味神に一番近いところにいるってのは皮肉なものだ」

科学が生まれて人は神を信じなくなった。大昔では考えられないだろうな。天然のものが人工で作り出せる、自然界はまるでパズルだ。そのパズルのピースの組み立て方を人間が理解した時、科学が成立した。この時点でもう宗教は「真実」ではなくなった。

この先科学で説明できないことがなくなる日が来たりしたら、宗教は完全に心の逃避場でしかなくなる。

エドはさっそく教主様との面会を望んだ。

H3_016ハゲ・・・じゃねぇ教主「いや待てよエルリック兄弟だと?」

副教主「はい、そう名乗っていましたが」

教主「不味いことになった鋼の錬金術師エドワード・エルリックだ」

副教主「あの鎧男が!?」

違げェェェェェェェェェェェェェェェよォォォォォォォ(爆)!!!

何だこれ!何だこのシリアス!シリアスのクセにさりげなくいつものお決まりコント入れんな!!ここ今回一番吹きだしただろうがっ!!

国家錬金術師様の面会希望でビクつく邪教者共は軍にバレる前に消し去る方針で行くことにw

そして迎え入れられた兄弟は・・・

H3_017盛大な歓迎を受けることに・・・!

H3_018ま、そんなんこの兄弟は慣れっこだがね。

H3_020そこにコーネロ登場!

コーネロは兄弟に賢者の石について追及されても奇跡の技とシラを切り通す。

教主「これはただの指輪だ。私は奇跡の技を神から許されたのだよ」

H3_021エド「まだとぼけるのか・・・どうやらとっ捕まえて体に聞かなきゃならねーようだな」

血気盛んな兄エドワードであった。本当に乱闘好きだねぇ~お前w

H3_022教主はロゼに銃を拾って兄弟を撃つように命令、しかも自分の恩を売りやがった。

ってか気づけェェェェェェェェェェ!!ロゼェェェェ!!こいつがただの強欲なハゲであることを!そしてこいつが言うのは「髪」のご意思でしかないということをォォォォ!!(←無理がある)

だがロゼは教主の言葉のままにアルに銃を向ける。

H3_023アル「あぁ!えっと!僕は違うんですけど・・・(汗)!」

H3_024豆「俺が鋼の錬金術師だってェェェェの!!」

H3_025ハゲ「貴様がそうだったのか!」

エドワード・・・・・・・(涙)。

つーか、今回ギャグ多くね!?KYなほどに多くね!?ま、個人的には好きなんでオーライです。

教主をペテン師呼ばわりするエドにロゼは盲目なまでに反発。

H3_026エド「じゃあ撃てよ・・・」

ロゼ発砲。

H3_027え゛ぇ゛ぇ゛ぇ゛ぇ゛ぇ゛ぇ゛ぇ゛ぇ゛ぇ゛ぇ゛ぇ゛ぇ゛ぇ゛ぇ゛ぇ゛ぇ゛(驚)!?あっさりィィィィィィ!?あっさり撃ったァァァァァァ!

案外、肝が据わっているのかもしれない・・・この娘。

銃弾によりアルの鎧の頭部が吹っ飛んだ。

H3_028ロゼ「きゃぁぁぁぁ!」

「きゃぁぁぁぁぁぁ!」じゃねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ(怒)!!

H3_029だが肉体のないアルは撃たれたって関係ない、健在振りを見せる。しかし、中身が空であることを教主とロゼに知られてしまう。

H3_030次に悪のハゲが繰り出してきたのはキメラ。

エドは武器を練成!お待ち兼ねのドンパチが始まった。

H3_036エドはキメラとの戦いの中で余裕でありながらもキメラの攻撃で両方のオートメイルを晒してしまう。これにより教主は兄弟が人体練成に手を出したことに勘付く。

何気に禁忌犯したのいろんな人間にバレまくってるな、おい(汗)。

しかも知ってる奴らは何気におしゃべりばっかだ・・・。

H3_037アイキャッチは教主様w

H3_043教主は兄弟を本気で排除しようとガトリングガンを練成し、撃ちまくる。兄弟は錬金術で応戦しながらその場からロゼを連れて逃亡。

H3_046逃げる兄弟の前にガキだと思って超侮ってる教団のおっさん達が立ち並ぶ。

H3_047エド「ハハッ~♪」

H3_048練成(趣味悪)。

H3_049ムンクの叫び。

ここ忠実に原作と同じィィィィィィィィィィ(喜)!!

H3_050アル「はい!邪魔ぁぁっ!」

H3_051ストライクゥゥゥ!!

H3_052そしてドンパチ好き兄弟の通ったあとには魂が抜けそうで抜けない屍が積みあがっていた・・・(笑)。

H3_055アル「僕達は間違いを思い知らされた・・・人は蘇らない、母さんも・・・」

アルはロゼに人体練成を犯した過去を話し、いかに人を生き返らせるということが禁忌であるか述べる。そして彼女に人を生き返らせることは出来ないとわからせようとする。でも彼女はその事実を受け入れようとしない。あれほど汚い部分を見てもまだ教主のことを信じようとする。

H3_056一方、兄は・・・教主の部屋ででかい態度でハゲを待ち構えていた。

エドは軍にこのことを知らせ出動を要請すると脅し、賢者の石について教主の口を割らせようとする。

口はめっちゃくちゃ達者な豆粒だったw

エド「賢者の石で何しようってんだ?それがあればちんけな教壇なんか要らないだろ?」

H3_058教主「教団は私のためなら喜んで命も捨てる信者を生み出してくれる」

教主は死を恐れない信者達で最強の軍を作り数年後国取りに向かうことをたくらんでいた。

あまりにもありきたりな理由にエドと視聴者は「バカ信者つーかお前がバカだ」と思ったに違いない。

H3_060エド「だからあんたは3流だっつうんだよ!」

H3_061マイクONっ!

H3_062教主SHOCK!

H3_064リオールのみなさぁぁぁぁぁんっ!!チャンネルはそのままでェェェェェェェ!!

今までの会話はだだ漏れになっていたw

H3_065怒りのあまり教主は賢者の石を使い武器を練成するが、そんなことはエドはお見通し!武器を破壊し追い詰める!しかもリバウンド!

しかし性懲りもなく賢者の石を深い今度は・・・

H3_068巨大化し、ついでにたるんだお腹もマッチョ化しました。

おい!ハゲェェェェェェェ!!今すぐにその石を管理人によこせェェェェェェェ!!!

必ず元の体・・・理想の体を手に入れてやる!!

グレートマッスルコーネロはエドに襲い掛かる!

教主「私の言葉は神の言葉・・・この拳は神の拳!」

H3_069エド「何が・・・神の拳だっ!そんなに好きならくれてやる!!」

当然、即席の戦闘モードなんてイズミ師匠様様の弟子であるこのエドには通用しない!

H3_070教主のお望みどおり、「神の鉄槌」を食らわせてやるエドワード、なかなか粋だw

H3_072元(の体型)に戻った教主から賢者の石を渡せとエドは迫るが・・・賢者の石は砕けてしまう。これよりエドはこの賢者の石が偽者であったという事実を知る。

H3_075まあ、乙、エルリックブラザーズ。

H3_076そんで無力化した教主は命乞い、面倒なのでとっととどっか行けとエドは教主を罵倒する。

H3_078エドは賢者の石が偽物だったとアルに告げる。これで探し者のたびは振り出しに戻ってしまった。

H3_079ロゼ「賢者の石を渡して!」

兄弟の前に突如銃を持ったロゼが現れる。ロゼは賢者の石を渡せと兄弟に言うが、賢者の石は偽物で壊れたとエドは返答する。しかし彼女はそれを受け入れようとしない。彼女は死んだ恋人を蘇らせようと必死だった・・・そして彼らの母のことを持ち出すが、それはエドを怒らせた。

H3_080エド「黙れ!死んだ人間は生き返らない・・・二度と・・・二度と」

H3_081ロゼ「生き返るって言ったのよ・・・祈れば叶うって言ったのよ・・・奇跡は起きるって・・・これから私は何にすがって生きていけばいいのよ!教えてよ!」

H3_083エド「そんなこと自分で考えろ・・・立って歩け、前に進め、あんたには立派な足が付いてるじゃないか。何にもすがる必要なんてない」

何かにすがって生きているばかりではいつかそれがなくなった時にどうすることも出来なくなってしまう。他力本願なばかりではとても生きてるといえない。ちゃんと自分の頭で考えて自分で決めた道を歩まなくては一人の人間として独立してるとは言えない。

H3_084ロゼはこれから苦しいかもしれないがそうしなくてはいけないのだ。

それにしても・・・明らかに15歳の言う言葉じゃなくね?この重みありえなくね?

エドみたいなガキんちょに生まれたかった・・・(惜)

H3_085公開放送を聴いて街は市民が暴動を起こし始めた。

逃げるコーネロの前に現れたのは・・・

H3_086ラスト「ホント、台無しだわ。ちょっと混乱を起こすだけでよかったのに」

井上ラスト来たァァァァァァァァァァァァァァ(喜)!!

セクシーだぜ・・・声も・・・ボインも・・・!

H3_087グラトニー「ねぇラスト、このオッサン食べていい?」

ラスト「だめよ、グラトニー。こんなの食べたらお腹壊すわ」

いや、腹壊さないでしょ?壊すことないでしょ?下痢なんてしないでしょ?

やっべ・・・羨ましいぜ・・・ホムンクルス!

教主「どいつもこいつもバカにしよってェェェ!」

H3_088ホムンクルスたちに発砲しようとするが、遅すぎた。ラストの爪が彼の頭を貫いた。彼にお似合いの最期だった。

ラスト「あなたもう用済み」

H3_091さてさて~ホムンクルスも出て来て盛り上がって来るまでもう少しですかね~。来週は・・・・・・やっべ、この話も悲しすぎて苦手だ・・・

悲劇のヒロイン、ニーナとアレキサンダーの登場です。また嫌な展開を見るのはつらいですね。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (29)

銀魂 153話 「寝る子は育つ」

G2_067待てェェェェェ!?コンプレックスだったのか!?ケツアゴよ!!いいじゃんっ!ケツアゴでNO.1になればいいじゃん!!

っていうか涙の原因はそれェェェェェェェェェ(怒)!?

どーでもいいしっ!ってか

G2_062新八「夢を見ていましたよ・・・」

神楽「夢?」

新八「俺が歌舞伎町でNO,1ホストになって、隣には金時がいて、見せのオーナーは神楽さんで・・・そう、幸せな夢ですよ・・・なりたかったな・・・NO、1ホストに・・・」

神楽「うっ・・・うっ・・・」

新八「好きでケツアゴになったんじゃないのに!」

そっちィィィィィィィィィィィィ(大汗)!?

ってか無駄にシリアス過ぎんだよォォォォォォォォ!!しかもここまでのくだりが長いんだよぉぉぉぉぉ!!

G2_069新八「みんな・・・アゴがケツみたいになればいいっ!」

いや、管理人は絶対嫌だ。死んでも嫌だ。いっそ、ケツが割れてしまったほうがいい(←元々だし)。ってか・・・いっそ死なせてくれ(真剣)!

あ、今日、本編に新八でてねーやw

ってか神楽のせいで今晩眠れなさそうです(マジ)。

舞台は深夜のかぶき町・・・

G2_072神楽「眠れないアル」

不眠症娘、覚醒。

神楽「眠れないアル、毛ほども寝むくないアル。寝よう寝ようと思っていくほど頭が冴えていくネ、全然眠くないアル」

黙って寝てりゃあいいのに・・・何故起きる!

G2_074そして静かに寝入る銀さんに神楽の不眠の間の手が差し掛かる。

銀さん「・・・・・・・・・・・・何?」

G2_075神楽「眠れないアル」

銀さん「・・・・・・あ、そう。夜更かしもほどほどにな、明日仕事あんだから」

ドンドンドンドンドン。

襖を叩きまくる神楽。もう・・・嫌だ・・・(爆)

G2_076銀さん「・・・・・・何だよ」

G2_077神楽「眠れないアル」

銀さん「それさっき聞いた」

夜中に貞子に遭遇する並みに怖ェェェェェェェェよっ!この娘(汗)!!!

ってか目がイってますが・・・夜兎は睡眠とらんと瞳孔散大するのか・・・。

だがこんなのまだ嫌がらせの序の口だった。

G2_079神楽「眠れないアル~」

銀さん「何してんだァァ!?てめェェェ!!」

こんなんやられたら夜中だろうとブチギレるわっ!!

だってさ、人の安眠中に足元でごろごろされんだぞ!?そんなん考えたら・・・・

あ、銀さん・・・ご愁傷様です。

これほど銀さんの気持ちが理解できた話はなかった・・・。

G2_082神楽「寝かせろよ、私を。お前の持てる力全てで私を寝かせてみろよ」

外に放り出してェェェェェェェェェェェェannoy!!!!

だが・・・きっと管理人じゃあ、返り討ちにされるなw

神楽「その布団寝やすそうアルな・・・代われよ。私がそれで寝るからお前は押入れで寝ろ」

G2_085もう・・・あらゆる可能性を試さんと気がすまないのか・・・(爆)。

ってか、神楽ちゃーん!

自分の布団が一番寝易いですからァァァァァァァ!!これきっと世界共通の原理だからァァァァァ!!

ちなみに管理人はどんなに眠くなくても自分の布団の中なら5分で夢の国に旅立てるぜ!

ってかしょっちゅうどこでも旅立ってるぜ!これ書いてる最中も旅立ちたくて仕方ないぜ!!

案の定・・・

銀さん「永遠に眠り続けろ、クソガキ」

During trying to sleep.

G2_086神楽「眠れないアル」

ほら!言わんこっちゃネェ。

しかも・・・

神楽「やっぱし全然眠くないアル、全然眠くならないネ。枕がオッサン臭くて全然眠れなくなってきたアル」

二十代でもう枕がオッサン臭いのか!?もうダメじゃないか!!

ってか自分勝手すぎィィィ(笑)!そんなことばかりしてるから寝れないんだよ!!

しかし、寝れないということは本当に恐ろしく、通常考えなくてもいいことまで考えてしまう魔の時間だった・・・。

G2_088神楽「だって銀ちゃんよくよく考えてみるアル。寝るって一体何アルか、目ぇつぶっても結局私達まぶた閉じてるだけで眼球は中でごろごろしてるアル。」

G2_092「真っ暗だけどそれはまぶたの裏側見てるだけで眠ってるわけじゃないアル。こっから眼球をどうすれば眠れるアルか。真っ直ぐまぶたの裏みてればいいアルか、それとも上の方見てればいいアルか、どうすれば眼球は休んだ状態になるネ、どうすれば―――」

G2_093銀さん「やめろよォォォォォォォォォ!!!!こっちまで眠れなくなってきただろーがァァァァ!!」

空知ィィィィィィィィィィィィィィ(怒)!!!テメェェェェ!今日管理人が眠れなくなったらお前のせいだからなっ!!管理人にとって睡眠時間とはこの世の至福の時間なんだぞっ!責任取れやこら!

G2_097もうこのままでは眠るどころか発狂しかねない銀さんは疲労感から来る睡魔を呼び起こすために神楽を走りに行かせる。

G2_008しかし―――

G2_009神楽「全然眠れないアル。走ってハヒー来たのはハヒューいいけどゼヒー今度はハヒュー暑くてズハー眠れないアル、ガハっ!ゴホ!」

もうダメだこの娘・・・(爆)

G2_013神楽「出来るだけ疲れたほうがすぐ眠れると思って町内50周して来たアル。眠るどころか全ての細胞が活性化していくのを感じる・・・」

銀さん「感じるじゃねーよ、脳細胞は著しく死滅して行ってるだろ」

本当に頭弱すぎぃぃぃぃぃ(爆)!!町内50周!!倍やっときゃあ道端で意識失って朝を迎えられただろうよ・・・

ってか50周とか確実に町民の方々に迷惑かかってません?ゼハーゼハーうるさくありません?

そして―――

G2_014腹が空いてしまったらしい・・・(爆)

お前はどんだけフリーダムなんだ。

G2_015銀さん「あ~うるさくて眠れやしねぇ、分かったじゃあ俺が飯炊いといてやるからその間に風呂はいってこいや」

銀さん優し過ぎィィィィィィィィィィィ(涙)!!!

ありえねぇ・・・管理人だったらそう言って風呂の中に神楽を沈めますが、何か?

そんなオッサンの優しさに感謝してんのか、してないのか―――

G2_019神楽「全っ然眠れないアル」

悪夢再来・・・・(泣)。

G2_020しかも腹式呼吸ゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!?妊婦でもすやすや安眠できるわ!こんだけしてもらったら!!

もう仕事休んじゃえと銀さんに神楽は言われるが―――

G2_025神楽「イヤアル!夜更かしは美容の大敵ネ!一刻も早く眠らなければいけないネ!」

G2_026銀さん「そんな腹してる奴に美容云々言われたくねーよっ!!」

神楽・・・お前・・・本当に脳細胞死滅してるんじゃあ・・・(恐)

ってか夜中の三時過ぎて腹式呼吸になるまで飯腹に入れるなんて・・・

もう美容なんて口が裂けてもいえないぜ?

最終手段ラジオ発動!

G2_029「ごめんねジェリー」

G2_031女の子「引っ込み思案でいつもぽつんと一人で遊んでいた私を気づかい父が連れてきた友達・・・それがジュリーだった」

あ、なんか、眠れそうな話ですね(棒読み)。

G2_034そして女のこの家は色々あって差し押さえに、借金取りに追われる身に。

そしてジェリーは切り捨てられる立場に、それでもちゃんと「待て」の命令は守る。そしてご主人様たちはジェリーをおいて去った。

数ヵ月後、彼女は気になって空き地に来た。そして・・・

G2_036女の子「ジェリーはいつものようにそこで待っていた」

ジェリィィィィィィィィィィィィ。゜゜(´□`。)°゜。!!

管理人の苦手な人情動物話のためリアルに涙腺ジーンとしたが、

G2_038ジェリー「お前の後ろにだァァァァァァァ!!」

G2_040・・・・・・・・・・やはり、オチがつくのが銀魂。

そして管理人以上にこの手の話で眠れなくなりそうなこの男は―――

G2_048ジェリー(妄想)「お前の後ろにだァァァァァァァァァ!!!」

G2_052ジェリー(妄想)「お前の後ろにだァァァァァァァァァ!!!」

管理人は確かに幽霊特集やめとけばいいのに見てしまって、夜中天井が気になって眠れなくなる人間ですが・・・

ここまで飛び上がったことはありません(断)!

G2_057銀さん「うほんっ!あ、ごめん神楽、ちょっと起こしちゃったら、ちょっと風邪気味みたいで・・・」

おい、白髪のテンパ!セクハラだぞ、それ以上近づいたら(笑)。

G2_058銀さん「つーかお願い!俺を気絶させてくれェェェ!誰かァァァ!俺を眠らせてくれェェェェ!!!」

こうして神楽は眠りについた・・・しかし、その代わりに主人公は怪談話の恐怖心から眠れなくなってしまいました。

二十代の哀れな男の一夜でしためでたしめでたし・・・って、

果たして管理人は眠ることができるのか!?これ書いてる最中は真夜中だ!!しかも・・・・全然眠くなくなってしまった・・・どーしよ・・・。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

a href="http://www.blogmura.com/" >ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (14)

鋼の錬金術師 第2話 「はじまりの日」

2_058何度見ても感動するぜ・・・UGAのCMshine(涙)!

2_057ジャイアンがあんなんなったらもう確実にドラえもん最終回でよくね?

ってか・・・記事の見出しそっちにするなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁannoy!!自分!!!

おぉぉぉぉぉいっ!ここは鋼の場だぞっ!自重せい、自分!

ってことで話題を鋼に戻すと・・・

少佐がいねぇ・・・(大泣)!!!!

この男無しで・・・この男無しで・・・管理人はどうすればいいんだ!

だから今週の本編はシリアスすぎて・・・

ぶっちゃけ突っ込みづらいぜ・・・このノリじゃあw

鋼も来週から本格的に本編突入だしな、よし、じゃあ、真面目にいってみる!

過去編・・・何度見ても切なすぎるぜ、兄弟の始まりは本当にここからだった。

2_004トリシャ「それ錬金術よね・・・父さんにならったの?」

エド「いない人にどうやって習うのさ」

アル「本読んだら書いてあったよ?」

トリシャ「書いてあったって・・・」

2_005エド「やっちゃいけないことだった?」

2_006トリシャ「そんなことないわ!すごい!母さんみんなに自慢しちゃお!!」

父ホーエンハイムが家を出た後、トリシャの支えだったのがこの二人だったんだろう。兄弟が錬金術が出来るようになったのを一番に喜んだ。そこにはきっと最愛の人の面影が見えたからに違いない。

兄弟も母が喜ぶから錬金術を続けた。これが良くも悪くも全てのきっかけになってしまった。

2_0072_008母親のトリシャの死・・・普通の子どもだったら泣いて悲しんで終わるはずなのに、この兄弟は錬金術の英知を授かってしまった。それは人体練成という禁忌を犯すことへ二人の運命を誘っていく。

2_011そういえば・・・ウィンリィの声も代わってしまいましたね(哀)。

豊口さん好きやったから・・・残念すぎるorz

母親をなくしてからロックベル家で食わせてもらってる兄弟。

ピナコ「ほら、エドも牛乳飲んじまいな」

エド「・・・牛乳嫌い」

だから牛乳を飲めェェェェェェェェェェェェェェェっ(怒)!!

これらぁっ!エド!ピナコにメシ食わせてもらってるだけでありがたいと思え!残さず食え!!

まあ、でも牛乳飲んだって骨太くなるだけだからね(笑)

しかし牛乳飲んで背が大きくなるなんて・・・・・・・信じてた頃の自分が懐かしい(懐)

そんなことを知ってか知らずか牛乳飲まないバカ息子にピナコ一括!

2_013ピナコ「飲まないとチビのまんまだよ」

エド「誰がチビだ!?寸足らずババア!!」

ピナコ「なんだってこの豆粒チビ!」

エド「ミニマムババア!」

2_014ピナコ「マイクロチビ!」

エド「蟻んこサイズ!」

ピナコ「ミジンコサイズ!」

こんなに小さいのニュアンスひねり出す語彙力ねぇぇぇぇぇぇぇぇ(驚)!!!

この二人、すげーよ、本当に。ピナコに至ってはその歳の割にはよく動く頭だ!

でもあんたの身長の縮み方のほうが科学的に謎ですからぁぁぁぁぁっ!!!

何が起こったらこんなミニマ・・・いや、体格になるんでしょう?教えてください、国家錬金術師達!!

2_019そんな平和な日常の中で刻々と人体練成の理論は完成されていった。

2_020そしてその日が来た・・・

2_021エド「水35ℓ、炭素20kg、アンモニア4ℓ、石灰1.5㎏、リン800g、塩分250g、硝石100g、硫黄80g、フッ素7.5g、鉄5g、ケイ素3g」

人間の体なんてこんな自然界のどこにでもあるようなもんでできてるんですねぇ。時々思うんですが、もしもどこからみても完全な、物質的にも完全な人間の「入れ物」みたいな物を作って動くか動かないの違いって何でしょうね?そんなん解けたら自然界の法則がくるっちゃいますよね・・・

うまくできてんなぁ・・・!!自然界って!

人が人を本当に作れる日は絶対にくることはないかもしれません。

ハガレン見てて思うことは当たり前の物が実はこんなもので出来てるんだっていう真相を知ることですね。これが科学者にはたまらなくおもしろいいんでしょう。

2_024アル「兄さん・・・!?何か変だよ!?」

ついに練成陣を発動させた兄弟。しかし開始早々、自体は思わしくない方向へ。

エド「まさかリバウンド!」

2_025リバウンド。

2_026アルは全身の肉体を分解され、エドは左足を分解されていく。

意識が朦朧とする中、エドの精神はある場所にやって来た。

2_030真理の扉。

2_033真理「おお!良くぞ聞いてくれました。俺はお前達が世界と呼ぶ存在、あるいは宇宙、あるいは神、あるいは真理、あるいは全、あるいは一、そして俺はお前だ。ようこそ、身の程知らずのばか野郎」

そこにいたのは真理。真理はエドに「真理」を見せるべく扉の中へ彼を送る。

2_034真理「見せてやるよ、真理を」

2_038そしてエドの脳内に多大な情報量が駆け巡る。彼はその瞬間理解した、これが真理なのだと・・・。

2_040人体錬成完成のためにもう一度扉の中を見たいと真理に迫るが真理はこの通行料だと今のが限界だと言い放つ。

2_043真理「等価交換だろ?錬金術師」

2_041 その通行料とは・・・・エドの左足だった。

おまけページで受験勉強中にエロ本読んでるクセにィィィィィィィィ!!!

こんな偉そうな奴でも、例えシリアスな展開でも・・・荒川先生のおまけページが管理人の頭から離れることはない・・・!!

あ、すんません、本編集中します(汗)!!

2_046エド「こんははずじゃ・・・ちくしょぉぉぉぉぉぉ!持っていかれたぁぁぁぁ!」

戻ってきたエドを迎えた現実はあまりにも過酷なものだった。となりにアルはいない。彼が言ったように持っていかれてしまったのだった・・・。そして命を懸けて練成しようとした最愛の母も・・・

2_050人ではなかった。

エド「違う・・・こんなの・・・こんなのを望んだんじゃない!!」

何のためにここまで過酷な目にあったのか・・・流血の中、彼は絶望した。だが・・・まだアルは死んだわけではなかった。

2_053エド「返せよ・・・弟なんだ・・・足だろうが腕だろうが心臓だろうがくれてやるっ!だから返せよ!たった一人の弟なんだよっ!!」

エドは血文字で倒れてきた鎧の首元に魂の練成陣を書き、自身の左腕を代価に弟の魂を呼び戻したのだった・・・。

2_059ロイ「どこだ・・・!?エルリック兄弟とやらはどこにいる!?」

そしてその後すぐ、この惨劇の跡を兄弟の運命の案内人となるロイ・マスタングが発見する。

彼はホークアイと共にロックベル家へ駆け込む、そこには片腕と片足を失った車椅子のエドが無気力な目で彼を迎える。その後には鎧のアルがいた。

2_061ロイ「君たちの家に言ったぞ!何だあの有様は!何をつくった!」

アル「ごめんなさい・・・許してください・・・ごめんなさい・・・」

彼らはマスタングの咎めにただ謝り続けた。

2_064マスタングはエドが未完成ながら人体錬成を実行し、弟の魂を鎧に定着させた力量に国家錬金術師になるべく備わった素質を見出した。彼はエドを中央に来させることを勧めるが、ピナコはこれに反対。

しかしエドの瞳には再び炎が燃え上がっていた。

2_069一方、ウィンリィはホークアイにエド達を連れて行ってしまうのではないかという不安をぶつける。

2_070ウィンリィ「軍人さんは嫌い・・・父さんも母さんも戦場に連れて行かれて殺されたから・・・その上エドとアルも連れて行こうとしている」

2_071リザ「いくかどうかはあの子達が自分で決めることよ。そう・・・自分で決めること」

ホークアイはそれはあくまで兄弟が決めることだという。さらにウィンリィは彼女に何故軍人になったのか問う。

ウィンリィ「リザさんは・・・何で軍人になったの?」

2_072リザ「守ルべき人がいるから」

自分が汚れてでも守ろうと思える人を見つけた彼女は個人的だが幸せな人間だと思う。人の命を奪うことは肯定できないが、そうやって自分の人生をかけてもいいと思える人間に出会うことはめったにない、というかほぼない。前番組の某乙女座もそうなんだが一点を真っ直ぐ見据えた人間ってやはり自然と周りが付いて来るんだよな・・・できるもんならそういう人間に出会いたい。

そのうち前番組のキャラとの比較でもやろうかな、両方軍が絡んでくるから本質が似てる人間多いw

そしてリハビリを終えたエドはマスタングの待つ中央へとやって来た。

2_080エドの国家錬金術師試験見学に大総統までもやって来た。

2_082エドは軍人達の前で練成陣なしで武器を錬成して見せた。それには周りの大人たちは驚愕!エドはそのままブラッドレイに刃を向けるが―――

2_084エド「っていう風に要人暗殺があるかもしれないからさ、この試験法見直したほうがいいじゃない」

ブラッドレイ「うむ、中々肝が据わっておる・・・だが世界の広さを知らぬ」

2_087 エド「ん?うぉっ!」

ブラッドレイのほうが何枚も上手だった・・・。

2_088ブラッドレイかっけぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ(喜)!!!

その肝の据わった度胸を買われ、エドはめでたく国家錬金術師に。

2_092エド「鋼?」

2_093ロイ「そう、国家錬金術師に授けられる二つ名・・・君が背負うその名は「鋼」の錬金術師」

2_094エド「いいねぇ・・・そのおもっ苦しい感じ、背負ってやろうじゃねぇの」

鋼の錬金術師、ここに誕生。

そして兄弟の旅は始まったのだった・・・。

さてさて来週はやっとリオールだ!シンの錬丹術の話がチラッと出たが、メイやリンの登場はまだまだ先か・・・(惜)。

| | コメント (0) | トラックバック (37)

銀魂 152話 「天は人の上に人を作らず髷を作りました」

話が飛びすぎてわかんねぇぇぇぇぇぇよっ(怒)!!今週の金魂!!!

G_004トイレ借りてから一体通常のアニメの話数で言ったら何話分進んでやがんだ!

G_006しかし・・・神楽がグラマー過ぎる件については吹きだしました(笑)。

G_012そしてあの馬は沖田のだったのね。あれ?真選組って碧眼・金髪設定だから名前とかもちがうんか?公式HPでこっちの設定も公開してくれないかな、めっちゃ見たいぞ!

G_021さて一体何話までやるんだか(笑)

さぁさぁ本編は今日は手加減無しの―――

下ネタ祭りだったな・・・(遠い目)

そんな犠牲者となった将軍様ご登場からスタート。

新八「忘れもしない!あの燐とした顔立ち!優雅な佇まい!粗末なチン●!!」

まぁ、ホント、目の前の三人に比べたら気品は雲泥の差でしょうよ、だが、

将軍と言えど下のモンは所詮下のモンだった・・・!

高貴も育ちのよさも関係ないからねぇ~って何が言いたいんだ自分・・・

G_023将軍の市街地彷徨は遊興のためではなく、市民の生活の視察のためだと言う。

いい心がけですよね~来られた方はめっちゃ迷惑ですが。

いやいや勇気のいる行為ですよね~来た場所がめっさ悪かっただけに。

G_024天下のエロジジいは将軍を置いて自分はさっさとキャバクラに行ってしまった・・・

ジジイぃぃぃぃぃぃぃ!!お前こそ打ち首だろうがぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!

G_027ついに将軍と一つ屋根の下で対峙することになってしまった万事屋!

G_029銀さん「どーすんだ!おい!これ逃げるどころかもし散髪失敗でもしたら・・・」

G_031「三人仲良く打ち首獄門」

だから逃げればよかったんだろうがァァァァァァァァァァ(涙)!!

命がけの仕事・・・銀さん、止めとけよ。いくら今まで修羅場を掻い潜って来た銀さんでも今度ばかりは相手が悪すぎる!あんたの洞爺湖ではどうにもならないさ!今回ばかりは別の人間にやらした方がいい!!

無駄にハードボイルドな感じでやってみたw

目の前に処刑台が待ち構えてると思うと万事屋のお子様達は・・・

G_032G_034もうゲ■するしかなかった・・・(哀)

そして悲劇は起こった・・・・!

G_036神楽のゲ■の中で消化しきれてなかったラーメンのナルトが・・・将軍様のデコにはりついてしまった・・・。

こんなミラクルいらねぇ。

ってか・・・神楽!ちゃんと噛んで食べればこんなことにはならなかったんだ(断)!!

G_038万事屋は必死にナルトをごまかそうとするが・・・将軍はガン見であった・・・。

あれ?これ気づいてるの~?もしかして怒ってるのかな~?何か分からないからこっちまで怖いんだけど!!

G_041影分身までしだしたナルトはついに将軍様の車輪眼となってしまったのだった!

残念なことに銀さんには必殺技がないので盗まれる心配はない。

だがバンダイ、ナムコは格闘ゲームが出せなくて困っていた。

こんな時だけ地味だぜ・・・銀さん。

ナルトは何でかしらないが中々離れてくれないので・・・

G_044カミソリで取ることにしました。

最悪の結末フラグ立ちまくりィィィィィィィィィィィ(大汗)!!

案の定―――

G_048切断orz。この時万事屋の暗い将来が決定いたしました(笑)。

G_050主人公、それを拾って・・・・・・・・・・・・・・ G_053投げた。

G_054銀さん「バッキャロォォォォォォ!掃除くらいちゃんとしておけェェェェェ!!ゴールデンレトリバーのうんこ落ちてたぞォォォ!!」

最悪だぁぁっ!!この男っ!!!

たとえもっさりブリーフでも国で一番偉い人間の髷をそり落とした挙句、ゴールデンレトリバーのウンコとか・・・

さらに銀さんの非道とも言える将軍への奉公は続く。

G_060残りの髪を引っ張って引っ張って引っ張って引っ張って―――

G_061もう止めてやってくれェェェェェェェェェェェ(涙)!!!!

G_063こんなに(顔が)伸びました。

将軍んんんんんんんんんん!?痛いんならもっと泣いていいんだぞ!?

G_064そして将軍の髷をボンドで止めようとするが本当にゴールデンレトリバーに持っていかれてしまう。→神楽ダッシュ!

代わりに銀さんが持ってきたのは・・・・・・・・・・・・・

G_067新八「あれ?なんかよく見たら・・・アレ微妙になんかちぢれてませんかこの髷」

G_068ゴリラの汚ねぇ茂みでつくった代用品だった。

お前打ち首逃れる気ゼロだろォォォォォォォォォ!?この天パぁぁぁぁぁ!!!

ゴリラの病気のせいで将軍の頭に変なぶつぶつが・・・おいたわしや(涙)。

急遽、ヅラの髪の毛に変更!

G_069・・・・・・・このさいヅラの頭がワカメちゃんになろうとも関係ない。

それでも主人公はよほど打ち首になりたかったらしい・・・。

G_070つけるとこ違ェェェェェェェしっ!!

生け花じゃねぇんだから!

G_071神楽、帰還!

最後はちゃんとした・・・・・・・・・・・

G_072ゴールデンレトリバーのうんこだっ・・・・・・た・・・・・・orz

使えない子ォォォォォォォォォォ!!

G_073万事屋逃亡!

G_075G_076その後このとんでもない髪結所事情に衝撃を受けた将軍はオヤジの髪結所を立派に改装し、一流スタッフも付け、江戸一番の髪結どころにしたとさ、めでたしめでたし。

G_077三人は指名手配になってしまいましたがwよかったな、ヅラ被っててw

| | コメント (0) | トラックバック (15)

鋼の錬金術師 第1話

デフォルメに拍車がかかっとる(爆)!つーかエド、1話目にして「小さい」強調されすぎじゃね!?

始まりましたね、ハガレンリメイク(?)版!

いやぁ~見事に2003年版が無かったことになってってマジ受けたわw

・・・・・・ってっきり続きからかと思い込んでましたから、はい。

※あ、ちなみに00と違って今回は原作ありですから!管理人も原作読んでしまってるのでネタバレが激しいです!そこだけ注意しときます!!

そして記念すべきOP一発目を親父に取られてしまった豆粒・・・

あれ?もうホーエンハイム全開なんか!?ってか・・・これ「もうみんな前回のやつ見てるよね?なら問題ないね!」的はボンズの思惑が見えるんですが・・・

OPは原作重視と言っていただけに結構重々しい印象だったな。

では、本編行ってみましょうか。

中央司令部によって下された命令は氷結の錬金術師の捕獲。

関係ないが、「氷結」と聞いた瞬間管理人の脳裏に浮かんだのは―――

缶チューハイの氷結。

何に飢えているんだ・・・自分・・・

声優陣も大分変わったな、ってか00陣多っ!!

特に代わってってびっくりしたのはこの人、

1_002焔の女好き・・・じゃねぇ、焔の錬金術師:ロイ・マスタング。

兄貴(ロックオン)の声がするしィィィィィィィィィィ(驚)!!!

大川さん→みきしんにChange!だと・・・みきしんだと若々しいね!何かこれはこれで好きだな。けど、どちらかといわれたら・・・

渋さの大川マスタングを取りたいっ・・・!

まぁ、いろんなキャラの声が変わってるから二通りの楽しみ方があると思えばいいか。

エルリック兄弟久々のTBSに!相変わらず派手だ!

前作でも15歳と14歳、今作でも15歳と14歳・・・・・・・・

いいよね~(はるな愛風で)。

エド「ひでぇことするな・・・」

1_007氷結「大いなることを成すには犠牲はつき物だ。等価交換というやつさ!」

1_008エド「そんなモンが等価交換なわけねぇだろ!!」

武器練成―――

1_010やっぱりな・・・orz

センスがorz過ぎる!!

氷結と沸騰の錬金術を恐れずに兄弟は得意の格闘戦に持ち込んでいく!

氷結「練成陣を使わない、天才的錬金術の技、そしてオートーメイルの右腕・・・お前が鋼の錬金術師、エドワード・エルリックか!」

1_012「・・・そっちじゃないのか?」

不意打ち・・・(笑)!

アル「ああ、えっと・・・僕、弟のアルフォンスです」

氷結「こんなチビが・・・」

エド「誰がドチビかぁ!?」

エドの怒りの鉄槌により、直後氷結逮捕・・・で済むはず無く、水蒸気を発生させ逃走。

ロイ「相手を甘く見て多様だな、鋼の」

エド「あいつ、何ものなんだよ」

ロイ「だから説明を聞き給えと言ったはずだ。だが君はそんなやつさっさと―――」

1_015 エド「ああ、はい、わかりましたよ、悪うございましたよ」

1_016ロイ「年長者の言うことは素直に聞いておくものだ」

結果、マスタングの説教を食らう破目に。いつみても保護者だな。

マスタングにより氷結の素性が話し出され、その後まだ体は戻らないのかと嫌味たっぷり。

その時、アイツが来た―――

1_018おかえりぎっちょん「よ~う!ロイィ!氷結の錬金術師の身柄拘束とはとんだ命令で災難だったなぁ~!」

ヒューズゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ(涙)!!!!エリシア恋しさに墓の下から生き返ってきたのかぁぁぁぁ(違)!!

しかも・・・

1_019何このフキダシィィィィィィ!?変なところ日から入れすぎィィィ(爆)!!!

ヒューズ「おお!もしかして君達・・・エルリック・兄弟か!!いやぁ、最年少の国家錬金術師に合えるとは光栄だな!オレはマース・ヒューズ、中佐だ!」

1_020アル「あの~僕は弟のアルフォンス・エルリックです」

ヒューズ「なに~!?そっちが鋼の錬金術師だったのか!!」

1_021エド「ちっこい―――以下フキダシに記載」

やっべ・・・突込みが追いつかねぇ・・・!!今から泣き言言ってどうする自分!!

ヒューズに今晩の宿として自分の家に招待される兄弟。

そして―――

1_023必殺:親バカ 再来・・・!!

エリシアかわえぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!

エリシア「お兄ちゃんなのになんでちっちゃいの?」

純粋な子供は正直すぎる・・・(笑)

1_025そして大人になれ、エドワード!!

ヒューズ一家のもてなしに大喜びの二人。そのとき気づいた自分がいた・・・

またこの幸せな一家が・・・・・・・なるのを再び見なくてはならないのか・・・・。

この一家は本当に幸せそうで理想的な家庭だけにアニメと言えどつらい。

話は刑務所に。

1_028よっちん来たァァァァァァァァァァァ(喜)!!!

彼の活躍はまだまだ先だろうから今日吉野キンブリーが見れたのは嬉しい。

この氷結が知っている事実を兄弟が段々と知るようななるわけだな・・・1話は軍の闇を強く印象付けてるな。

引き続き、大佐自ら出陣し氷結捕獲作戦が展開された。

アイツ「我が練成を交わすとは流石ですな、アイザック殿」

管理人、超歓喜。

1_029アームストロング「いかにも!豪腕の錬金術師、アレックス・ルイ・アームストロング!!」

来たぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ(狂喜)!!!マッソォォォォォォォォォォォォ!!!

ア ホ で す い ま せ ん ( 深 々 )。

そして氷結はマスタングと対峙、あれ?やばくね?やばくね?大佐やばくね?だってさ~水VS火・・・ハガレンファンなら予想できたお馴染みの―――

1_030湿気たマッチ(アメトリス製)。

氷結逃亡・・・悲しい結末(笑)。

その尻拭いにエルリック兄弟が奴を補足。

その直後、氷結は練成陣を発動!しかもそれは賢者の石によるものだった。

氷結は軍の闇を訴えるが、彼らには戯言でしかない。氷結は練成陣を拡大し、ブラッドレイの元へ向かう。

1_034それを阻止すべくエルリック兄弟も立ち向かう。が、アルの頭部を落とされてしまい。中身が空っぽであることを見られてしまう。

これにより、氷結に人体練成を犯したことを諭されてしまった。

エドは怒りのままに氷結を攻撃、奴を追い詰めるが怪我のせいで動けない。

練成陣の方も破壊作業が進んでいなかった中にあのずぶぬれ男がリベンジに!

ロイ「私を湿気たマッチと呼ぶなぁっ!」

じゃなくて、

1_038ロイ「私の焔をなめるなぁっ!」

へ、ヘタレ過ぎる・・・(腹痛)。

着火手袋はもちろん世話係・・・じゃなかった、補佐のホークアイ中尉が

1_040こんなに持ってきてくれました。これならいくら濡れても安心(笑)。

1_039リザ「まったく・・・無能は雨の日だけにしてくださいね」

でた「無能」発言w

1_041氷結は逃走の果て、待ち構えていたブラッドレイに遭遇。

1_042千載一遇のチャンスとばかりにブラッドレイに刃を向けるが・・・

一瞬にして肉片と化した・・・。

その後、練成陣はヘタレ&マッスルコンビで破壊。

ブラッドレイは何事も無かったように兄弟の助太刀が出来たことを喜ぶのであった。

1_046ヒューズ「昔から言うだろ?年長者の言うことは素直に聞いとくもんだって」

最後は逆に言われてらぁw

1_048だか、最後のアームストロング少佐ほど笑いは取れまいっ!!

ホムンクルスもちゃんと登場!

1_050やっべ・・・井上ラストいいっ・・・shine!!

早く本編進んでくれないかな~北方編が楽しみで仕方ない管理人だったのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (12)

銀魂 151話 「髪切りながら交わされる美容師との会話は世界で一番どうでもいい

Gin4_013_2OPにトッシーキタ━━━━(゚∀゚)━━━━(爆)!!

まさかの参入!マジ吹きだしたし!!

Gin4_010新OP何かいいですね!春らしい目覚めの感じとか疾走感とか、EDも今まででなかったタイプでめっちゃかわいいじゃん!!

しかし・・・迂回ルート入ってねぇぇぇぇぇぇぇぇぇ(汗)!!!

なんで宣言した直後にもかかわらず原作放送してんのぉ!?もうストックねーじゃん!!!

Gin4_002だから金魂!?尺稼ぎか!コノヤロー!!

Gin4_001↑どこの国の王子だw

Gin4_003↑素晴らしいアングルw

ってか・・・迂回ルート入るんだったらこのまま本編流さずに金魂で1本作っちゃえばよくね!?

ケツあご「すいません、NO,1ホストしかやってこなかったもので」

NO,1ホストしかやってこなかったのか!へぇ~・・・・

ケツあごすげェェェェェェェェェェェェェ(驚)!!!

だが甘い・・・マッチョが足りねぇ(真剣)それでNO,1なんざぁ認めねーよ、俺ぁ。※管理人の好みです。気にしないでください。

そう言えば1話の豹が女豹になってましたね。

Gin4_007金時「トイレ・・・どこっすか」

Gin4_008もう何が何だかっ・・・(爆)

どこが荒々しいんだよ!思いっきり丁寧じゃねーか!!

金魂よりも3Zが見たいぞ!!サンライズ!!!

本編へGO!

オヤジ「チョンマゲって何であんな頭の毛剃る云々―――以下省略。で、今日はどうする?」

Gin4_014銀さん「ストレートパーマで」

オヤジ「・・・・・・・・・」

あ、専門家から見てもキツイんですかw

銀さん「オヤジしつけーんだよ。そんな話何回されたって俺は髷は結わねぇ、ストレートパーマで」

オヤジ「旦那しつこいんだよ。あんたの頭はそんなんじゃ治んないの、正確のねじれが毛根から出てるんだから。髷にしな中身から叩きなおしな」

え・・・性格のねじれが毛根から出てくるの!?じゃあ・・・

クセっ毛人間は皆性格ねじれてると思ってていいんですか。性格が普通の人間よりねじれすぎてる管理人はどうすればいいんですか。

オヤジ・・・答えてくれェェェェェェェェェェェ(泣)!!

銀さん「兜の前にヅラをかぶれバカヤロー」

Gin4_017オヤジ「そういう優しさも孕んだ風習でもあるわけだよ髷は。みんなでハゲればハゲがハゲじゃなくなる、みんなでハゲて一つになろうという」

銀さん「何それ、人類補完計画?」

そ ん な 人 類 補 完 計 画 は 嫌 だ。

ハゲたくねぇよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ(全国のハゲの人ごめんなさい←これも失礼)!!!

ってか2週続けてエヴァネタ来たァァァァァ(爆)。

あの~非常に聞きづらいんですが・・・ちゃんとガイ●ックスに許可とってありますよね?特に先週。

・・・・・・とって無くてもやるのが銀魂だったり(危)

Gin4_019神楽「終わったアルか?銀ちゃん。・・・アラ、ちょっとそれ全然すっきりしてないじゃないの。そんなんじゃまたスグ切りに来なきゃだめでしょ。もっと短く刈り込んでもらいな。マスター!スポーツ刈りにしてください」

銀さん「お母さん!?」

ホントお母さんすきだねぇ~この娘!!

釘宮さんナイス過ぎる(爆)。

その神楽ですが―――

Gin4_021ゴルゴ17

Gin4_022あぶさん

全巻読破を目論み中だった(笑)。

ってか渋すぎだろォォォォォォォォ!?この娘の趣味ィィィィィィィ!!

まあ、管理人も神楽ぐらいの時はイニシャルDにハマってたけどね!

そんな神楽に悲しい知らせが・・・

あぶさん7巻が・・・ない!

Gin4_025羽振りの悪いくせに客ほったらかして散髪出来待ちのお客へサービス精神を働かせてしまったオヤジは・・・

Gin4_026颯爽とチャリであぶさん7巻を買いに出かけたのだった。

ああ・・・何ていいオヤジだ・・・じゃなくて!客どうすんねん!!

つまりあれか・・・銀さんの天パは毎回相手してもどうしようもないということで、

試 合 放 棄 だ な ! !

そして万事屋3人は店番に。

Gin4_027しかし、店番の最中に向かい側のカリスマ美容店の群衆の中に顔の知ったその場に絶対ふさわしくない奴が―――

新八「あ・・・近藤さんだ。何やってるんだろう・・・あんなところで」

神楽「美容院の前、さっきからウロウロしてるアル」

Gin4_030銀さん「何やってんだあのゴリラ・・・オイ、まさかイメチェンしにきたのか!ゴリラの皮を脱ぎ捨ててワンランク上のゴリラになろうとしてんの!?」

ワンランク上のゴリラって・・・ゴリラには違いないじゃないか(爆)。

神楽「あ、入るアル・・・アレ?戻ってきた。あ、入るアル・・・やっぱ入んない」

Gin4_032銀さん「オイ・・・アレ完全にビビってるぞ。イメチェンしに来たんだけどおシャレすぎて美容院に入れないんだよあのバカ」

Gin4_033新八「情けない通り越して切ないんですけど・・・応援したくなるんですけど」

ゴリラ・・・切ねぇェェェェェェェェェェェェェェェェェェ(爆)!!

全国の良心ある視聴者が応援してくれていたに違いない。

だが管理人は・・・もうこの時点で応援したくなる通り越して笑死になりそうでしたがw

そんな怪しいゴリラの前に店員登場。

ゴリラ「あ!あのう、すいません、この辺になんか新しい髪結床ができたって聞いて、どこにあるんですかね(汗)?」

神楽「分かってるくせに、さっさと入れよ、回りくどいんだヨ」

Gin4_035カリスマ「新しいかどうか知らないけど、髪結床なら向かいにありますよ」

Gin4_036店員に拒否られた・・・入店拒否られた・・・(腹痛)

ゴリラ「アレ?えーと、でもこことかも髪とか切ったりしてる感じなのかな、ひょっとして・・・こっちにしちゃおっかな・・・つーか、こっちがいいな~なんて」

Gin4_037涙目・・・ヾ(.;.;゚Д゚)ノ

あ、何か・・・もう、見てらんねぇわ(哀)。

カリスマ「自分が言うのもなんですけど。マジストーカー行為とか最悪だと思うんすけど」

Gin4_041自意識過剰過ぎんだろぉぉぉぉぉ!?この女!!

ゴリがストーカーしてるのは・・・(黙ってれば)美人さんだぞ!!

Gin4_043カリスマ「オイ、いい加減に帰れよオッサン、マジ潰すぞ」

Gin4_044オーディーエンス「かーえーれ!!かーえーれ!!かーえーれ!!かーえーれ!!」

Gin4_047新八「あれ・・・なんか涙出てきたんですけど」

Gin4_049銀さん「何この気分、すごい嫌な気分なんだけど何これ。どうしたらいいの、何をしたらいいの」

・・・・・・・・・ゴリラ、ごめん、笑ったりして・・・腹筋崩壊したりして・・・許してくれェェェェェェェェェェェェェェェ(涙)。

そんな魂が抜けたゴリラが・・・万事屋のいる床屋にさ迷い歩いてきた。

Gin4_050みんな逃げろォォォォォォォォォ!!どう接していいかわかんねーよ、これ!!早く真選組に電話して迎えに来てもらえよ!!

銀さん「さすがに今回は憎まれ口たたけないよオレ。あの瀕死の所に鉄槌は降ろせねーよオレ。どうするの!?どうすればいいの!?」

天下のドSすら扱いに戸惑うのであった。

絶対危機の中・・・銀さんの目に映ったのは―――

Gin4_052(桂じゃない、本物の)ヅラだった(笑)。

・・・何かこんなパターン、前にもあった気が・・・。

当然、散発なんか出来ないので入店を(予約一杯という理由付けで丁寧に)拒否。

Gin4_053ゴリラ「あ・・・そうですか・・・」

樹海に行きそうな顔するなァァァァ(涙)!!!

もう見てられない、万事屋の良い子達は―――

Gin4_055新八「なんかぁ、今電話来て予約全部キャンセルらしいっす!」

神楽「ラッキーだねお客さん!!入って入って」

我らが大将、銀さんを頼りに・・・入店許可を出してしまったのだった(汗)。

正気を取り戻した近藤の願いは、

Gin4_058近藤勲という存在を一旦原型が残らないくらいまで破壊してまったく新しい近藤勲に生まれ変わりたいんです。・・・らしい。

床屋で出来るかァァァァァァ(怒)!!

しかもこいつが持ってきた切抜きは―――

Gin4_057・・・・デスノートの人の絵ですか?小畑先生の絵ですか?何か大分似てるんですけど・・・。

新八の言うようにショッカーの本部へ行ってきなさい。改造人間になってきなさい。どうせだからもう脳みそも新しくてしわの多いものに取り替えてきなさい。(・・・アレ、これって・・・全否定してね?)

そこに万事屋を揺るがす新たな刺客が・・・!

Gin4_059ヅラ「つかぬ事を伺うが、ここにカリスマ美容師という稀代の髪結がいると聞いて参ったのだが」

ゴリラの天敵参上(大汗)!!

ってかお前、長髪でシャンプーするの面倒臭いんならさっさと切れや。それこそ真ん前の美容院行ってこいや、モヒカンにでもしてもらえや(苛)!!

相手してる暇無いのにヅラはお構い無しにいつもの調子で桂節を始める。

Gin4_062ヅラ「貴殿が・・・カリスマ美容師だな!!」

Gin4_063銀さん「いや・・・違いますけど」

ヅラ「違くない、目を見れば分かる。一芸を極めるものこれ万事を修めることに同じ。まるで百戦錬磨の侍のような目をしている」

銀さん「いや、侍ですから」

ヅラ「初見なのにまるで百年の知己のように懐かしさを覚える」

銀さん「いや思いっきり知り合いですから」

聞いちゃいねぇ・・・(爆)

知り合いって思いっきり言ってるのになw

ヅラはズカズカと店内に入っていってしまった!

ここから(天敵同士の顔を見せないように)渾身の接客が始まった。

Gin4_061激熱タオル。

Gin4_065激荒洗髪。

この辺で気づけ・・・バカ二人・・・(腹痛)。

Gin4_064ヅラ「カリスマ殿、流石、カリスマともなるとシャンプー一つとってもやり方が違うんですね!激しすぎて毛根から火がでそうです!目にシャンプーは入って痛くて開けられません!!」

ここでヅラはカリスマの意味が分かっているのかという疑惑が湧いたのは言うまでも無い。

Gin4_066ヅラ「えっ!このままなんですか!?髪にシャンプーを浸透ってどんな効果があるんですか!?」

銀さん「バカの動きを封じます」

ヅラ「えっ!?そんなことが出来るんですか!?」

くっ・・・苦しい・・・腹が・・・腹がぁぁぁぁ・・・助け―――(笑死)

おい、ヅラ、そのバカはお前だということに気づけ(泣)!

何とか両者を落ち着けたが、ここにいれば面倒なことに巻き込まれることは百も承知!

Gin4_067さんはトンズラを計画するが―――

神(お上)はそれを許さなかった・・・!

BGM:大奥~華の乱~

Gin4_069とっつぁん登場ォォォォォォォ!!

Gin4_068あぶさん7巻の持ち出し犯人は片栗虎だった。そしてその隣にいたのは―――

Gin4_070とっつぁん「仕方ねぇキャバにでもくりだすか・・・」

Gin4_071全裸疾走した高貴なお方「髷を・・・結ってくれるのか。そんな髷を結ってくれるのだ」

Gin4_072万事屋「あ・・・あ・・・あ、あれ・・・は・・・あ、あれはァァァ!!」

Gin4_073将軍様「面白そうだ。結ってくれぬか、余の髷も」

Gin4_074将軍様のおなぁぁぁぁぁぁぁりぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ(超汗)!!

銀魂一高貴なお方と高貴とは程遠い万事屋は運命の糸で結ばれているらしい。

愛を超え、憎しみを超越し、宿命となった! by00の乙女座

あ、これ宿命ね・・・宿命なんだね(哀)

だって普通2回も出会うわけないだろォォォォォォォ!!!

え~そんな感じで、来週は万事屋の切腹覚悟の特攻劇が展開される!

万事屋の運命はいかに!?そしてオヤジはいつになったらあぶさん買って戻ってくるのか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (17)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »