« 銀魂 166話 「一つより二つ 一人より二人」 | トップページ | 銀魂 167話 「なめらかなポリゴンは人の心もなめらかにする」 »

功名が辻

山内夫妻の夫婦愛には何度泣かされたことか・・・(涙)!

上川隆也と仲間由紀恵という大好き俳優のタッグだったこともありますが、それよりも山内夫妻の生きた時代がいいですねっ!織田→豊臣→徳川という日本史史上最もメジャーな時代の物語だったので分かりやすくもあり、1話1話ちゃんと主題があった。そしてこの作品がきっかけで教科書ではスポットライトが当たらなかった影の功労者達が大河ドラマの主役になっていたのではないだろうか。篤姫も山本勘助もこの作品をきっかけに今まで有名ではなかったが、大河放送の影響で今では多くの人に知られるようになった。

そう言う意味ではこの作品は大河ドラマの革新的一歩を踏み出だしたのではないだろうか。

あと、夫婦愛がテーマでもあったことから何組もの性質の違った夫婦がでてきましたね。特に細川ガラシャの話はもう・・・生まれ変わって幸せになっていてくれるといいんですがね、ガラシャは(涙)。戦国時代という過酷な時を支えながら生き抜こうと必死でいる様々な夫婦の姿には心打たれるばかりだった。

そして一豊が死んだ時にティッシュ一箱使用するぐらい号泣したのは忘れない・・・(苦笑)

置いてくなァァァァァァ(泣)!!とばかりに涙腺崩壊。残された千代が切ねぇ・・・!!あんなに大好きだった人が逝ってしまっても千代は北の政所らと天下の動向を見守り続けた。戦国の女性は本当に伸が強いです。憧れですね。

そんな感じでMy favorite 大河でした!

コネタマ参加中: あなたのベストオブ大河ドラマといえば何?

|

« 銀魂 166話 「一つより二つ 一人より二人」 | トップページ | 銀魂 167話 「なめらかなポリゴンは人の心もなめらかにする」 »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 功名が辻:

« 銀魂 166話 「一つより二つ 一人より二人」 | トップページ | 銀魂 167話 「なめらかなポリゴンは人の心もなめらかにする」 »